目次へ  縦書き

ひかりの素足

一、山小屋

 鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましました。
 もうすっかり夜があけていたのです。
 小屋の隅から三本の青い日光の棒が斜めにまっすぐに兄弟の頭の上を越して向うの萱の壁の山刀やはんばきを照らしていました。
 土間のまん中では榾が赤く燃えていました。日光の棒もそのけむりのために青く見え、またそのけむりはいろいろなかたちになってついついとその光の棒の中を通って行くのでした。
「ほう、すっかり夜ぁ明げだ。」一郎はひとりごとを云いながら弟の楢夫の方に向き直りました。楢夫の顔はりんごのように赤く口をすこしあいてまだすやすや睡って居ました。白い歯が少しばかり見えていましたので一郎はいきなり指でカチンとその歯をはじきました。
 楢夫は目をつぶったまま一寸顔をしかめましたがまたすうすう息をしてねむりました。
「起ぎろ、楢夫、夜ぁ明げだ、起ぎろ。」一郎は云いながら楢夫の頭をぐらぐらゆすぶりました。
 楢夫はいやそうに顔をしかめて何かぶつぶつ云っていましたがとうとううすく眼を開きました。そしていかにもびっくりしたらしく
「ほ、山さ来てらたもな。」とつぶやきました。
「昨夜、今朝方だたがな、火ぁ消でらたな、覚だが。」
 一郎が云いました。
「知らなぃ。」
「寒くてさ。お父さん起ぎて又燃やしたようだっけぁ。」
 楢夫は返事しないで何かぼんやりほかのことを考えているようでした。
「お父さん外で稼ぃでら。さ、起ぎべ。」
「うん。」
 そこで二人は一所にくるまって寝た小さな一枚の布団から起き出しました。そして火のそばに行きました。楢夫はけむそうにめをこすり一郎はじっと火を見ていたのです。
 外では谷川がごうごうと流れ鳥がツンツン鳴きました。
 その時にわかにまぶしい黄金の日光が一郎の足もとに流れて来ました。
 顔をあげて見ますと入口がパッとあいて向うの山の雪がつんつんと白くかがやきお父さんがまっ黒に見えながら入って来たのでした。
「起ぎだのが。昨夜寒ぐなぃがったが。」
「いいえ、」
「火ぁ消でらたもな。おれぁ二度起ぎで燃やした。さあ、口漱げ、飯でげでら、楢夫。」
「うん。」
「家ど山どどっちぁ好い。」
「山の方ぁい、いんとも学校さ行がれなぃもな。」
 するとお父さんが鍋を少しあげながら笑いました。一郎は立ちあがって外に出ました。楢夫もつづいて出ました。
 何というきれいでしょう。空がまるで青びかりでツルツルしてその光がツンツンと二人の眼にしみ込みまた太陽を見ますとそれは大きな空の宝石のように橙や緑やかがやきの粉をちらしまぶしさに眼をつむりますと今度はその蒼黒いくらやみの中に青あおと光って見えるのです、あたらしく眼をひらいては前の青ぞらに桔梗いろや黄金やたくさんの太陽のかげぼうしがくらくらとゆれてかかっています。
 一郎はかけひの水を手にうけました。かけひからはつららが太い柱になって下までとどき、水はすきとおって日にかがやきまたゆげをたてていかにも暖かそうに見えるのでしたがまことはつめたく寒いのでした。一郎はすばやく口をそそぎそれから顔もあらいました。
 それからあんまり手がつめたいのでお日さまの方へ延ばしました。それでも暖まりませんでしたからのどにあてました。
 その時楢夫も一郎のとおりまねをしてやっていましたが、とうとうつめたくてやめてしまいました。まったく楢夫の手は霜やけで赤くふくれていました。一郎はいきなり走って行って
「冷だぁが」と云いながらそのぬれた小さな赤い手を両手で包んで暖めてやりました。
 そうして二人は又小屋の中にはいりました。
 お父さんは火を見ながらじっと何か考え、鍋はことこと鳴っていました。
 二人も座りました。
 日はもうよほど高く三本の青い日光の棒もだいぶ急になりました。
 向うの山の雪は青ぞらにくっきりと浮きあがり見ていますと何だかこころが遠くの方へ行くようでした。
 にわかにそのいただきにパッとけむりか霧のような白いぼんやりしたものがあらわれました。
 それからしばらくたってフィーとするどい笛のような声が聞えて来ました。
 すると楢夫がしばらく口をゆがめて変な顔をしていましたがとうとうどうしたわけかしくしく泣きはじめました。一郎も変な顔をして楢夫を見ました。
 お父さんがそこで
「何した、家さ行ぐだぐなったのが、何した。」とたずねましたが楢夫は両手を顔にあてて返事もしないで却ってひどく泣くばかりでした。
「何した、楢夫、腹痛ぃが。」一郎もたずねましたがやっぱり泣くばかりでした。
 お父さんは立って楢夫の額に手をあてて見てそれからしっかり頭を押えました。
 するとだんだん泣きやんでついにはただしくしく泣きじゃくるだけになりました。
「何して泣ぃだ。家さ行ぐだぃぐなったべぁな。」お父さんが云いました。
「うんにゃ。」楢夫は泣きじゃくりながら頭をふりました。
「どごが痛くてが。」
「うんにゃ。」
「そだらなして泣ぃだりゃ、男などぁ泣がなぃだな。」
「怖っかなぃ。」まだ泣きながらやっと答えるのでした。
「なして怖っかなぃ。お父さんも居るし兄なも居るし昼まで明りくて何っても怖っかなぃごとぁ無いぢゃぃ。」
「うんう、怖っかなぃ。」
「何ぁ怖っかなぃ。」
「風の又三郎ぁ云ったか。」
「何て云った。風の又三郎など、怖っかなぐなぃ。何て云った。」
「お父さんおりゃさ新らしきもの着せるって云ったか。」楢夫はまた泣きました。一郎もなぜかぞっとしました。けれどもお父さんは笑いました。
「ああははは、風の又三郎ぁ、いい事云ったな。四月になったら新らし着物買ってけらな。一向泣ぐごとぁなぃぢゃぃ。泣ぐな泣ぐな。」
「泣ぐな。」一郎も横からのぞき込んでなぐさめました。
「もっと云ったか。」楢夫はまるで眼をこすってまっかにして云いました。
「何て云った。」
「それがらお母さん、おりゃのごと湯さ入れで洗うて云ったか。」
「ああはは、そいづぁ虚ぞ。楢夫などぁいっつも一人して湯さ入るもな。風の又三郎などぁ偽こぎさ。泣ぐな、泣ぐな。」
 お父さんは何だか顔色を青くしてそれに無理に笑っているようでした。一郎もなぜか胸がつまって笑えませんでした。楢夫はまだ泣きやみませんでした。
「さあお飯食べし泣ぐな。」
 楢夫は眼をこすりながら変に赤く小さくなった眼で一郎を見ながら又言いました。
「それがらみんなしておりゃのごと送って行ぐて云ったか。」
「みんなして汝のごと送てぐど。そいづぁなぁ、うな立派になってどごさが行ぐ時ぁみんなして送ってぐづごとさ。みんないいごとばがりだ。泣ぐな。な、泣ぐな。春になったら盛岡祭見さ連でぐはんて泣ぐな。な。」
 一郎はまっ青になってだまって日光に照らされたたき火を見ていましたが、この時やっと云いました。
「なあに風の又三郎など、怖っかなぐなぃ。いっつも何だりかだりって人だますぢゃぃ。」
 楢夫もようやく泣きじゃくるだけになりました。けむりの中で泣いて眼をこすったもんですから眼のまわりが黒くなってちょっと小さな狸のように見えました。
 お父さんはなんだか少し泣くように笑って
「さあもう一がえり面洗なぃやなぃ。」と云いながら立ちあがりました。

二、峠

 ひるすぎになって谷川の音もだいぶかわりました。何だかあたたかくそしてどこかおだやかに聞えるのでした。
 お父さんは小屋の入口で馬を引いて炭をおろしに来た人と話していました。ずいぶん永いこと話していました。それからその人は炭俵を馬につけはじめました。二人は入口に出て見ました。
 馬はもりもりかいばをたべてそのたてがみは茶色でばさばさしその眼は大きくて眼の中にはさまざまのおかしな器械が見えて大へんに気の毒に思われました。
 お父さんが二人に言いました。
「そいでぁうなだ、この人さ随ぃで家さ戻れ。この人ぁ楢鼻まで行がはんて。今度の土曜日に天気ぁ好がったら又おれぁ迎ぃに行がはんてなぃ。」
 あしたは月曜日ですから二人とも学校へ出るために家へ帰らなければならないのでした。
「そだら行がんす。」一郎が云いました。
「うん、それがら家さ戻ったらお母さんさ、ついでの人さたのんで大きな方の鋸をよごして呉ろって云えやぃな、いいが。忘れなよ。家まで丁度一時間半かがらはんてゆっくり行っても三時半にあ戻れる。のどぁ乾ぃでも雪たべなやぃ。」
「うん。」楢夫が答えました。楢夫はもうすっかり機嫌を直してピョンピョン跳んだりしていました。
 馬をひいた人は炭俵をすっかり馬につけてつなを馬のせなかで結んでから
「さ、そいでぃ、行ぐまちゃ。わらし達ぁ先に立ったら好がべがな。」と二人のお父さんにたずねました。
「なあに随で行ぐごたんす。どうがお願ぁ申さんすぢゃ。」お父さんは笑っておじぎをしました。
「さ、そいでぁ、まんつ、」その人は牽づなを持ってあるき出し鈴はツァリンツァリンと鳴り馬は首を垂れてゆっくりあるきました。
 一郎は楢夫をさきに立ててそのあとに跡いて行きました。みちがよくかたまってじっさい気持ちがよく、空はまっ青にはれて、却って少しこわいくらいでした。
「房下ってるぢゃぃ。」にわかに楢夫が叫びました。一郎はうしろからよく聞えなかったので「何や。」とたずねました。
「あの木さ房下ってるぢゃぃ。」楢夫が又云いました。見るとすぐ崖の下から一本の木が立っていてその枝には茶いろの実がいっぱいに房になって下って居りました。一郎はしばらくそれを見ました。それから少し馬におくれたので急いで追いつきました。馬を引いた人はこの時ちょっとうしろをふりかえってこっちをすかすようにして見ましたがまた黙ってあるきだしました。
 みちの雪はかたまってはいましたがでこぼこでしたから馬はたびたびつまずくようにしました。楢夫もあたりを見てあるいていましたのでやはりたびたびつまずきそうにしました。
「下見で歩げ。」と一郎がたびたび云ったのでした。
 みちはいつか谷川からはなれて大きな象のような形の丘の中腹をまわりはじめました。栗の木が何本か立って枯れた乾いた葉をいっぱい着け、鳥がちょんちょんと鳴いてうしろの方へ飛んで行きました。そして日の光がなんだか少しうすくなり雪がいままでより暗くそして却って強く光って来ました。
 そのとき向うから一列の馬が鈴をチリンチリンと鳴らしてやって参りました。
 みちが一むらの赤い実をつけたまゆみの木のそばまで来たとき両方の人たちは行きあいました。兄弟の先に立った馬は一寸みちをよけて雪の中に立ちました。兄弟も膝まで雪にはいってみちをよけました。
「早ぃな。」
「早がったな。」挨拶をしながら向うの人たちや馬は通り過ぎて行きました。
 ところが一ばんおしまいの人は挨拶をしたなり立ちどまってしまいました。馬はひとりで少し歩いて行ってからうしろから「どう。」と云われたのでとまりました。兄弟は雪の中からみちにあがり二人とならんで立っていた馬もみちにあがりました。ところが馬を引いた人たちはいろいろ話をはじめました。
 兄弟はしばらくは、立って自分たちの方の馬の歩き出すのを待っていましたがあまり待ち遠しかったのでとうとう少しずつあるき出しました。あとはもう峠を一つ越えればすぐ家でしたし、一里もないのでしたからそれに天気も少しは曇ったってみちはまっすぐにつづいているのでしたから何でもないと一郎も思いました。
 馬をひいた人は兄弟が先に歩いて行くのを一寸よこめで見ていましたがすぐあとから追いつくつもりらしくだまって話をつづけました。
 楢夫はもう早くうちへ帰りたいらしくどんどん歩き出し一郎もたびたびうしろをふりかえって見ましたが馬が雪の中で茶いろの首を垂れ二人の人が話し合って白い大きな手甲がちらっと見えたりするだけでしたからやっぱり歩いて行きました。
 みちはだんだんのぼりになりついにはすっかり坂になりましたので楢夫はたびたび膝に手をつっぱって「うんうん」とふざけるようにしながらのぼりました。一郎もそのうしろからはあはあ息をついて
「よう、坂道、よう、山道」なんて云いながら進んで行きました。
 けれどもとうとう楢夫は、つかれてくるりとこっちを向いて立ちどまりましたので、一郎はいきなりひどくぶっつかりました。
「疲いが。」一郎もはあはあしながら云いました。来た方を見ると路は一すじずうっと細くついて人も馬ももう丘のかげになって見えませんでした。いちめんまっ白な雪、(それは大へんくらく沈んで見えました、空がすっかり白い雲でふさがり太陽も大きな銀の盤のようにくもって光っていたのです)がなだらかに起伏しそのところどころに茶いろの栗や柏の木が三本四本ずつちらばっているだけじつにしぃんとして何ともいえないさびしいのでした。けれども楢夫はその丘の自分たちの頭の上からまっすぐに向うへかけおりて行く一疋の鷹を見たとき高く叫びました。
「しっ、鳥だ。しゅう。」
 一郎はだまっていました。けれどもしばらく考えてから云いました。
「早ぐ峠越えるべ。雪降って来るぢょ。」
 ところが丁度そのときです。まっしろに光っている白いそらに暗くゆるやかにつらなっていた峠の頂の方が少しぼんやり見えて来ました。そしてまもなく小さな小さな乾いた雪のこなが少しばかりちらっちらっと二人の上から落ちて参りました。
「さあ楢夫、早ぐのぼれ、雪降って来た。上さ行げば平らだはんて。」一郎が心配そうに云いました。
 楢夫は兄の少し変った声を聞いてにわかにあわてました。そしてまるでせかせかとのぼりました。
「あんまり急ぐな。大丈夫だはんて、なあにあど一里も無ぃも。」一郎も息をはずませながら云いました。けれどもじっさい二人とも急がずに居られなかったのです。めの前もくらむように急ぎました。あんまり急ぎすぎたのでそれはながくつづきませんでした。雪がまったくひどくなって来た方も行く方もまるで見えず二人のからだもまっ白になりました。そして楢夫が泣いていきなり一郎にしがみつきました。
「戻るが、楢夫。戻るが。」一郎も困ってそう云いながら来た下の方の一寸見ましたがとてももう戻ろうとは思われませんでした。それは来た方がまるで灰いろで穴のようにくらく見えたのです。それにくらべては峠の方は白く明るくおまけに坂の頂上だってもうじきでした。そこまでさえ行けばあとはもう十町もずうっと丘の上で平らでしたし来るときは山鳥も何べんも飛び立ち灌木の赤や黄いろの実もあったのです。
「さあもう一あしだ。歩べ。上まで行げば雪も降ってなぃしみぢも平らになる。歩べ、怖っかなぐなぃはんて歩べ。あどがらあの人も馬ひで来るしそれ、泣がなぃで、今度ぁゆっくり歩べ。」一郎は楢夫の顔をのぞき込んで云いました。楢夫は涙をふいてわらいました。楢夫の頬に雪のかけらが白くついてすぐ溶けてなくなったのを一郎はなんだか胸がせまるように思いました。一郎が今度は先に立ってのぼりました。みちももうそんなにけわしくはありませんでしたし雪もすこし薄くなったようでした。それでも二人の雪沓は早くも一寸も埋まりました。
 だんだんいただきに近くなりますと雪をかぶった黒いゴリゴリの岩がたびたびみちの両がわに出て来ました。
 二人はだまってなるべく落ち着くようにして一足ずつのぼりました。一郎はばたばた毛布をうごかしてからだから雪をはらったりしました。
 そしていいことはもうそこが峠のいただきでした。
「来た来た。さあ、あどぁ平らだぞ、楢夫。」
 一郎はふりかえって見ました。楢夫は顔をまっかにしてはあはあしながらやっと安心したようにわらいました。けれども二人の間にもこまかな雪がいっぱいに降っていました。
「馬もきっと坂半分ぐらぃ登ったな。叫んで見べが。」
「うん。」
「いいが、一二三、ほおお。」
 声がしんと空へ消えてしまいました。返事もなくこだまも来ずかえってそらが暗くなって雪がどんどん舞いおりるばかりです。
「さあ、歩べ。あと三十分で下りるにい。」
 一郎はまたあるきだしました。
 にわかに空の方でヒィウと鳴って風が来ました。雪はまるで粉のようにけむりのように舞いあがりくるしくて息もつかれずきもののすきまからはひやひやとからだにはいりました。兄弟は両手を顔にあてて立ちどまっていましたがやっと風がすぎたので又あるき出そうとするときこんどは前より一そうひどく風がやって来ました。その音はおそろしい笛のよう、二人のからだも曲げられ足もとをさらさら雪の横にながれるのさえわかりました。
 とうげのいただきはまったくさっき考えたのとはちがっていたのです。楢夫はあんまりこころぼそくなって一郎にすがろうとしました。またうしろをふりかえっても見ました。けれども一郎は風がやむとすぐ歩き出しましたし、うしろはまるで暗く見えましたから楢夫はほんとうに声を立てないで泣くばかりよちよち兄に追い付いて進んだのです。
 雪がもう沓のかかと一杯でした。ところどころには吹き溜りが出来てやっとあるけるぐらいでした。それでも一郎はずんずん進みました。楢夫もそのあしあとを一生けん命ついて行きました。一郎はたびたびうしろをふりかえってはいましたがそれでも楢夫はおくれがちでした。風がひゅうと鳴って雪がぱっとつめたいしろけむりをあげますと、一郎は少し立ちどまるようにし楢夫は小刻みに走って兄に追いすがりました。
 けれどもまだその峯みちを半分も来ては居りませんでした。吹きだまりがひどく大きくなってたびたび二人はつまずきました。
 一郎は一つの吹きだまりを越えるとき、思ったより雪が深くてとうとう足をさらわれて倒れました。一郎はからだや手やすっかり雪になって軋るように笑って起きあがりましたが楢夫はうしろに立ってそれを見てこわさに泣きました。
「大丈夫だ。楢夫、泣ぐな。」一郎は云いながら又あるきました。けれどもこんどは楢夫がころびました。そして深く雪の中に手を入れてしまって急に起きあがりもできずおじぎのときのように頭をさげてそのまま泣いていたのです。一郎はすぐ走り戻ってだき起しました。そしてその手の雪をはらってやりそれから、
「さあも少しだ。歩げるが。」とたずねました。
「うん」と楢夫は云っていましたがその眼はなみだで一杯になりじっと向うの方を見口はゆがんで居りました。
 雪がどんどん落ちて来ます。それに風が一そうはげしくなりました。二人は又走り出しましたけれどももうつまずくばかり一郎がころび楢夫がころびそれにいまはもう二人ともみちをあるいてるのかどうか前無かった黒い大きな岩がいきなり横の方に見えたりしました。
 風がまたやって来ました。雪は塵のよう砂のようけむりのよう楢夫はひどくせき込んでしまいました。
 そこはもうみちではなかったのです。二人は大きな黒い岩につきあたりました。
 一郎はふりかえって見ました。二人の通って来たあとはまるで雪の中にほりのようについていました。
「路まちがった。戻らなぃばわがなぃ。」
 一郎は云っていきなり楢夫の手をとって走り出そうとしましたがもうただの一足ですぐ雪の中に倒れてしまいました。
 楢夫はひどく泣きだしました。
「泣ぐな。雪はれるうぢ此処に居るべし泣ぐな。」一郎はしっかりと楢夫を抱いて岩の下に立って云いました。
 風がもうまるできちがいのように吹いて来ました。いきもつけず二人はどんどん雪をかぶりました。
「わがなぃ。わがなぃ。」楢夫が泣いて云いました。その声もまるでちぎるように風が持って行ってしまいました。一郎は毛布をひろげてマントのまま楢夫を抱きしめました。
 一郎はこのときはもうほんとうに二人とも雪と風で死んでしまうのだと考えてしまいました。いろいろなことがまるでまわり燈籠のように見えて来ました。正月に二人は本家に呼ばれて行ってみんながみかんをたべたとき楢夫がすばやく一つたべてしまっても一つを取ったので一郎はいけないというようにひどく目で叱ったのでした、そのときの楢夫の霜やけの小さな赤い手などがはっきり一郎に見えて来ました。いきが苦しくてまるでえらえらする毒をのんでいるようでした。一郎はいつか雪の中に座ってしまっていました。そして一そう強く楢夫を抱きしめました。

三、うすあかりの国

 けれどもけれどもそんなことはまるでまるで夢のようでした。いつかつめたい針のような雪のこなもなんだかなまぬるくなり楢夫もそばに居なくなって一郎はただひとりぼんやりくらい藪のようなところをあるいて居りました。
 そこは黄色にぼやけて夜だか昼だか夕方かもわからずよもぎのようなものがいっぱいに生えあちこちには黒いやぶらしいものがまるでいきもののようにいきをしているように思われました。
 一郎は自分のからだを見ました。そんなことが前からあったのか、いつかからだには鼠いろのきれが一枚まきついてあるばかりおどろいて足を見ますと足ははだしになっていて今までもよほど歩いて来たらしく深い傷がついて血がだらだら流れて居りました。それに胸や腹がひどく疲れて今にもからだが二つに折れそうに思われました。一郎はにわかにこわくなって大声に泣きました。
 けれどもそこはどこの国だったのでしょう。ひっそりとして返事もなく空さえもなんだかがらんとして見れば見るほど変なおそろしい気がするのでした。それににわかに足が灼くように傷んで来ました。
「楢夫は。」ふっと一郎は思い出しました。
「楢夫ぉ。」一郎はくらい黄色なそらに向って泣きながら叫びました。
 しいんとして何の返事もありませんでした。一郎はたまらなくなってもう足の痛いのも忘れてはしり出しました。すると俄かに風が起って一郎のからだについていた布はまっすぐにうしろの方へなびき、一郎はその自分の泣きながらはだしで走って行ってぼろぼろの布が風でうしろへなびいている景色を頭の中に考えて一そう恐ろしくかなしくてたまらなくなりました。
「楢夫ぉ。」一郎は又叫びました。
「兄な。」かすかなかすかな声が遠くの遠くから聞えました。一郎はそっちへかけ出しました。そして泣きながら何べんも「楢夫ぉ、楢夫ぉ。」と叫びました。返事はかすかに聞えたり又返事したのかどうか聞えなかったりしました。
 一郎の足はまるでまっ赤になってしまいました。そしてもう痛いかどうかもわからず血は気味悪く青く光ったのです。
 一郎ははしってはしって走りました。
 そして向うに一人の子供が丁度風で消えようとする蝋燭の火のように光ったり又消えたりぺかぺかしているのを見ました。
 それが顔に両手をあてて泣いている楢夫でした。一郎はそばへかけよりました。そしてにわかに足がぐらぐらして倒れました。それから力いっぱい起きあがって楢夫を抱こうとしました。楢夫は消えたりともったりしきりにしていましたがだんだんそれが早くなりとうとうその変りもわからないようになって一郎はしっかりと楢夫を抱いていました。
「楢夫、僕たちどこへ来たろうね。」一郎はまるで夢の中のように泣いて楢夫の頭をなでてやりながら云いました。その声も自分が云っているのか誰かの声を夢で聞いているのかわからないようでした。
「死んだんだ。」と楢夫は云ってまたはげしく泣きました。
 一郎は楢夫の足を見ました。やっぱりはだしでひどく傷がついて居りました。
「泣かなくってもいいんだよ。」一郎は云いながらあたりを見ました。ずうっと向うにぼんやりした白びかりが見えるばかりしいんとしてなんにも聞えませんでした。
「あすこの明るいところまで行って見よう。きっとうちがあるから、お前あるけるかい。」
 一郎が云いました。
「うん。おっかさんがそこに居るだろうか。」
「居るとも。きっと居る。行こう。」
 一郎はさきになってあるきました。そらが黄いろでぼんやりくらくていまにもそこから長い手が出て来そうでした。
 足がたまらなく痛みました。
「早くあすこまで行こう。あすこまでさえ行けばいいんだから。」一郎は自分の足があんまり痛くてバリバリ白く燃えてるようなのをこらえて云いました。けれども楢夫はもうとてもたまらないらしく泣いて地面に倒れてしまいました。
「さあ、兄さんにしっかりつかまるんだよ。走って行くから。」一郎は歯を喰いしばって痛みをこらえながら楢夫を肩にかけました。そして向うのぼんやりした白光をめがけてまるでからだもちぎれるばかり痛いのを堪えて走りました。それでももうとてもたまらなくなって何べんも倒れました。倒れてもまた一生懸命に起きあがりました。
 ふと振りかえって見ますと来た方はいつかぼんやり灰色の霧のようなものにかくれてその向うを何かうす赤いようなものがひらひらしながら一目散に走って行くらしいのです。
 一郎はあんまりの怖さに息もつまるようにおもいました。それでもこらえてむりに立ちあがってまた楢夫を肩にかけました。楢夫はぐったりとして気を失っているようでした。一郎は泣きながらその耳もとで
「楢夫、しっかりおし、楢夫、兄さんがわからないかい。楢夫。」と一生けん命呼びました。
 楢夫はかすかにかすかに眼をひらくようにはしましたけれどもその眼には黒い色も見えなかったのです。一郎はもうあらんかぎりの力を出してそこら中いちめんちらちらちらちら白い火になって燃えるように思いながら楢夫を肩にしてさっきめざした方へ走りました。足がうごいているかどうかもわからずからだは何か重い巌に砕かれて青びかりの粉になってちらけるよう何べんも何べんも倒れては又楢夫を抱き起して泣きながらしっかりとかかえ夢のように又走り出したのでした。それでもいつか一郎ははじめにめざしたうすあかるい処に来ては居ました。けれどもそこは決していい処ではありませんでした。却って一郎はからだ中凍ったように立ちすくんでしまいました。すぐ眼の前は谷のようになった窪地でしたがその中を左から右の方へ何ともいえずいたましいなりをした子供らがぞろぞろ追われて行くのでした。わずかばかりの灰いろのきれをからだにつけた子もあれば小さなマントばかりはだかに着た子もありました。瘠せて青ざめて眼ばかり大きな子、髪の赭い小さな子、骨の立った小さな膝を曲げるようにして走って行く子、みんなからだを前にまげておどおど何かを恐れ横を見るひまもなくただふかくふかくため息をついたり声を立てないで泣いたり、ぞろぞろ追われるように走って行くのでした。みんな一郎のように足が傷いていたのです。そして本とうに恐ろしいことはその子供らの間を顔のまっ赤な大きな人のかたちのものが灰いろの棘のぎざぎざ生えた鎧を着て、髪などはまるで火が燃えているよう、ただれたような赤い眼をして太い鞭を振りながら歩いて行くのでした。その足が地面にあたるときは地面はガリガリ鳴りました。一郎はもう恐ろしさに声も出ませんでした。
 楢夫ぐらいの髪のちぢれた子が列の中に居ましたがあんまり足が痛むと見えてとうとうよろよろつまずきました。そして倒れそうになって思わず泣いて
「痛いよう。おっかさん。」と叫んだようでした。するとすぐ前を歩いて行ったあの恐ろしいものは立ちどまってこっちを振り向きました。その子はよろよろして恐ろしさに手をあげながらうしろへ遁げようとしましたら忽ちその恐ろしいものの口がぴくっとうごきばっと鞭が鳴ってその子は声もなく倒れてもだえました。あとから来た子供らはそれを見てもただふらふらと避けて行くだけ一語も云うものがありませんでした。倒れた子はしばらくもだえていましたがそれでもいつかさっきの足の痛みなどは忘れたように又よろよろと立ちあがるのでした。
 一郎はもう行くにも戻るにも立ちすくんでしまいました。俄かに楢夫が眼を開いて「お父さん。」と高く叫んで泣き出しました。すると丁度下を通りかかった一人のその恐ろしいものはそのゆがんだ赤い眼をこっちに向けました。一郎は息もつまるように思いました。恐ろしいものはむちをあげて下から叫びました。
「そこらで何をしてるんだ。下りて来い。」一郎はまるでその赤い眼に吸い込まれるような気がしてよろよろ二三歩そっちへ行きましたがやっとふみとまってしっかり楢夫を抱きました。その恐ろしいものは頬をぴくぴく動かし歯をむき出して咆えるように叫んで一郎の方に登って来ました。そしていつか一郎と楢夫とはつかまれて列の中に入っていたのです。ことに一郎のかなしかったことはどうしたのか楢夫が歩けるようになってはだしでその痛い地面をふんで一郎の前をよろよろ歩いていることでした。一郎はみんなと一諸に追われてあるきながら何べんも楢夫の名を低く呼びました。けれども楢夫はもう一郎のことなどは忘れたようでした。ただたびたびおびえるようにうしろに手をあげながら足の痛さによろめきながら一生けん命歩いているのでした。一郎はこの時はじめて自分たちを追っているものは鬼というものなこと、又楢夫などに何の悪いことがあってこんなつらい目にあうのかということを考えました。そのとき楢夫がとうとう一つの赤い稜のある石につまずいて倒れました。鬼のむちがその小さなからだを切るように落ちました。一郎はぐるぐるしながらその鬼の手にすがりました。
「私を代りに打って下さい。楢夫はなんにも悪いことがないのです。」
 鬼はぎょっとしたように一郎を見てそれから口がしばらくぴくぴくしていましたが大きな声で斯う云いました。その歯がギラギラ光ったのです。
「罪はこんどばかりではないぞ。歩け。」
 一郎はせなかがシィンとしてまわりがくるくる青く見えました。それからからだ中からつめたい汗が湧きました。
 こんなにして兄弟は追われて行きました。けれどもだんだんなれて来たと見えて二人ともなんだか少し楽になったようにも思いました。ほかの人たちの傷ついた足や倒れるからだを夢のように横の方に見たのです。にわかにあたりがぼんやりくらくなりました。それから黒くなりました。追われて行く子供らの青じろい列ばかりその中に浮いて見えました。
 だんだん眼が闇になれて来た時一郎はその中のひろい野原にたくさんの黒いものがじっと座っているのを見ました。微かな青びかりもありました。それらはみなからだ中黒い長い髪の毛で一杯に覆われてまっ白な手足が少し見えるばかりでした。その中の一つがどういうわけか一寸動いたと思いますと俄かにからだもちぎれるような叫び声をあげてもだえまわりました。そしてまもなくその声もなくなって一かけの泥のかたまりのようになってころがるのを見ました。そしてだんだん眼がなれて来たときその闇の中のいきものは刀の刃のように鋭い髪の毛でからだを覆われていること一寸でも動けばすぐからだを切ることがわかりました。
 その中をしばらくしばらく行ってからまたあたりが少し明るくなりました。そして地面はまっ赤でした。前の方の子供らが突然烈しく泣いて叫びました。列もとまりました。鞭の音や鬼の怒り声が雹や雷のように聞えて来ました。一郎のすぐ前を楢夫がよろよろしているのです。まったく野原のその辺は小さな瑪瑙のかけらのようなものでできていて行くものの足を切るのでした。
 鬼は大きな鉄の沓をはいていました。その歩くたびに瑪瑙はガリガリ砕けたのです。一郎のまわりからも叫び声が沢山起りました。楢夫も泣きました。
「私たちはどこへ行くんですか。どうしてこんなつらい目にあうんですか。」楢夫はとなりの子にたずねました。
「あたしは知らない。痛い。痛いなぁ。おっかさん。」その子はぐらぐら頭をふって泣き出しました。
「何を云ってるんだ。みんなきさまたちの出かしたこった。どこへ行くあてもあるもんか。」
 うしろで鬼が咆えて又鞭をならしました。
 野はらの草はだんだん荒くだんだん鋭くなりました。前の方の子供らは何べんも倒れては又力なく起きあがり足もからだも傷つき、叫び声や鞭の音はもうそれだけでも倒れそうだったのです。
 楢夫がいきなり思い出したように一郎にすがりついて泣きました。
「歩け。」鬼が叫びました。鞭が楢夫を抱いた一郎の腕をうちました。一郎の腕はしびれてわからなくなってただびくびくうごきました。楢夫がまだすがりついていたので鬼が又鞭をあげました。
「楢夫は許して下さい、楢夫は許して下さい。」一郎は泣いて叫びました。
「歩け。」鞭が又鳴りましたので一郎は両腕であらん限り楢夫をかばいました。かばいながら一郎はどこからか
「にょらいじゅりょうぼん第十六。」というような語がかすかな風のように又匂のように一郎に感じました。すると何だかまわりがほっと楽になったように思って
「にょらいじゅりょうぼん。」と繰り返してつぶやいてみました。すると前の方を行く鬼が立ちどまって不思議そうに一郎をふりかえって見ました。列もとまりました。どう云うわけか鞭の音も叫び声もやみました。しぃんとなってしまったのです。気がついて見るとそのうすくらい赤い瑪瑙の野原のはずれがぼうっと黄金いろになってその中を立派な大きな人がまっすぐにこっちへ歩いて来るのでした。どう云うわけかみんなはほっとしたように思ったのです。

四、光のすあし

 その人の足は白く光って見えました。実にはやく実にまっすぐにこっちへ歩いて来るのでした。まっ白な足さきが二度ばかり光りもうその人は一郎の近くへ来ていました。
 一郎はまぶしいような気がして顔をあげられませんでした。その人ははだしでした。まるで貝殻のように白くひかる大きなすあしでした。くびすのところの肉はかがやいて地面まで垂れていました。大きなまっ白なすあしだったのです。けれどもその柔らかなすあしは鋭い鋭い瑪瑙のかけらをふみ燃えあがる赤い火をふんで少しも傷つかず又灼けませんでした。地面の棘さえ又折れませんでした。
「こわいことはないぞ。」微かに微かにわらいながらその人はみんなに云いました。その大きな瞳は青い蓮のはなびらのようにりんとみんなを見ました。みんなはどう云うわけともなく一度に手を合せました。
「こわいことはない。おまえたちの罪はこの世界を包む大きな徳の力にくらべれば太陽の光とあざみの棘のさきの小さな露のようなもんだ。なんにもこわいことはない。」
 いつの間にかみんなはその人のまわりに環になって集って居りました。さっきまであんなに恐ろしく見えた鬼どもがいまはみなすなおにその大きな手を合せ首を低く垂れてみんなのうしろに立っていたのです。
 その人はしずかにみんなを見まわしました。
「みんなひどく傷を受けている。それはおまえたちが自分で自分を傷つけたのだぞ。けれどもそれは何でもない、」その人は大きなまっ白な手で楢夫の頭をなでました。楢夫も一郎もその手のかすかにほうの花のにおいのするのを聞きました。そしてみんなのからだの傷はすっかり癒っていたのです。
 一人の鬼はいきなり泣いてその人の前にひざまずきました。それから頭をけわしい瑪瑙の地面に垂れその光る足を一寸手でいただきました。
 その人は又微かに笑いました。すると大きな黄金いろの光が円い輪になってその人の頭のまわりにかかりました。その人は云いました。
「ここは地面が剣でできている。お前たちはそれで足やからだをやぶる。そうお前たちは思っている、けれどもこの地面はまるっきり平らなのだ、さあご覧。」
 その人は少しかがんでそのまっ白な手で地面に一つ輪をかきました。みんなは眼を擦ったのです。又耳を疑がったのです。今までの赤い瑪瑙の棘ででき暗い火の舌を吐いていたかなしい地面が今は平らな平らな波一つ立たないまっ青な湖水の面に変りその湖水はどこまでつづくのかはては孔雀石の色に何条もの美しい縞になり、その上には蜃気楼のようにそしてもっとはっきりと沢山の立派な木や建物がじっと浮んでいたのです。それらの建物はずうっと遠くにあったのですけれども見上げるばかりに高く青や白びかりの屋根を持ったり虹のようないろの幡が垂れたり、一つの建物から一つの建物へ空中に真珠のように光る欄干のついた橋廊がかかったり高い塔はたくさんの鈴や飾り網を掛けそのさきの棒はまっすぐに高くそらに立ちました。それらの建物はしんとして音なくそびえその影は実にはっきりと水面に落ちたのです。
 またたくさんの樹が立っていました。それは全く宝石細工としか思われませんでした。はんの木のようなかたちでまっ青な樹もありました。楊に似た木で白金のような小さな実になっているのもありました。みんなその葉がチラチラ光ってゆすれ互にぶっつかり合って微妙な音をたてるのでした。
 それから空の方からはいろいろな楽器の音がさまざまのいろの光のこなと一所に微かに降って来るのでした。もっともっと愕いたことはあんまり立派な人たちのそこにもここにも一杯なことでした。ある人人は鳥のように空中を翔けていましたがその銀いろの飾りのひもはまっすぐにうしろに引いて波一つたたないのでした。すべて夏の明方のようないい匂で一杯でした。ところが一郎は俄かに自分たちも又そのまっ青な平らな平らな湖水の上に立っていることに気がつきました。けれどもそれは湖水だったでしょうか。いいえ、水じゃなかったのです。硬かったのです。冷たかったのです、なめらかだったのです。それは実に青い宝石の板でした。板じゃない、やっぱり地面でした。あんまりそれがなめらかで光っていたので湖水のように見えたのです。
 一郎はさっきの人を見ました。その人はさっきとは又まるで見ちがえるようでした。立派な瓔珞をかけ黄金の円光を冠りかすかに笑ってみんなのうしろに立っていました。そこに見えるどの人よりも立派でした。金と紅宝石を組んだような美しい花皿を捧げて天人たちが一郎たちの頭の上をすぎ大きな碧や黄金のはなびらを落して行きました。
 そのはなびらはしずかにしずかにそらを沈んでまいりました。
 さっきのうすくらい野原で一諸だった人たちはいまみな立派に変っていました。一郎は楢夫を見ました。楢夫がやはり黄金いろのきものを着瓔珞も着けていたのです。それから自分を見ました。一郎の足の傷や何かはすっかりなおっていまはまっ白に光りその手はまばゆくいい匂だったのです。
 みんなはしばらくただよろこびの声をあげるばかりでしたがそのうちに一人の子が云いました。
「此処はまるでいいんだなあ、向うにあるのは博物館かしら。」
 その巨きな光る人が微笑って答えました。
「うむ。博物館もあるぞ。あらゆる世界のできごとがみんな集まっている。」
 そこで子供らは俄かにいろいろなことを尋ね出しました。一人が云いました。
「ここには図書館もあるの。僕アンデルゼンのおはなしやなんかもっと読みたいなあ。」
 一人が云いました。
「ここの運動場なら何でも出来るなあ、ボールだって投げたってきっとどこまでも行くんだ。」
 非常に小さな子は云いました。
「僕はチョコレートがほしいなあ。」
 その巨きな人はしずかに答えました。
「本はここにはいくらでもある。一冊の本の中に小さな本がたくさんはいっているようなのもある。小さな小さな形の本にあらゆる本のみな入っているような本もある、お前たちはよく読むがいい。運動場もある、そこでかけることを習うものは火の中でも行くことができる。チョコレートもある。ここのチョコレートは大へんにいいのだ。あげよう。」その大きな人は一寸空の方を見ました。一人の天人が黄いろな三角を組みたてた模様のついた立派な鉢を捧げてまっすぐに下りて参りました。そして青い地面に降りて虔しくその大きな人の前にひざまずき鉢を捧げました。
「さあたべてごらん。」その大きな人は一つを楢夫にやりながらみんなに云いました。みんなはいつか一つずつその立派な菓子を持っていたのです。それは一寸嘗めたときからだ中すうっと涼しくなりました。舌のさきで青い蛍のような色や橙いろの火やらきれいな花の図案になってチラチラ見えるのでした。たべてしまったときからだがピンとなりました。しばらくたってからだ中から何とも云えないいい匂がぼうっと立つのでした。
「僕たちのお母さんはどっちに居るだろう。」楢夫が俄かに思いだしたように一郎にたずねました。
 するとその大きな人がこっちを振り向いてやさしく楢夫の頭をなでながら云いました。
「今にお前の前のお母さんを見せてあげよう。お前はもうここで学校に入らなければならない。それからお前はしばらく兄さんと別れなければならない。兄さんはもう一度お母さんの所へ帰るんだから。」
 その人は一郎に云いました。
「お前はも一度あのもとの世界に帰るのだ。お前はすなおないい子供だ。よくあの棘の野原で弟を棄てなかった。あの時やぶれたお前の足はいまはもうはだしで悪い剣の林を行くことができるぞ。今の心持を決して離れるな。お前の国にはここから沢山の人たちが行っている。よく探してほんとうの道を習え。」その人は一郎の頭を撫でました。一郎はただ手を合せ眼を伏せて立っていたのです。それから一郎は空の方で力一杯に歌っているいい声の歌を聞きました。その歌の声はだんだん変りすべての景色はぼうっと霧の中のように遠くなりました。ただその霧の向うに一本の木が白くかがやいて立ち楢夫がまるで光って立派になって立ちながら何か云いたそうにかすかにわらってこっちへ一寸手を延ばしたのでした。

五、峠

「楢夫」と一郎は叫んだと思いましたら俄かに新らしいまっ白なものを見ました。それは雪でした。それからそれから青空がまばゆく一郎の上にかかっているのを見ました。
「息吐だぞ。眼開ぃだぞ。」一郎のとなりの家の赤髯の人がすぐ一郎の頭のとこに曲んでいてしきりに一郎を起そうとしていたのです。そして一郎ははっきり眼を開きました。楢夫を堅く抱いて雪に埋まっていたのです。まばゆい青ぞらに村の人たちの顔や赤い毛布や黒の外套がくっきりと浮かんで一郎を見下しているのでした。
「弟ぁなぢょだ。弟ぁ。」犬の毛皮を着た猟師が高く叫びました。となりの人は楢夫の腕をつかんで見ました。一郎も見ました。
「弟ぁわがなぃよだ。早ぐ火焚げ」となりの人が叫びました。
「火焚ぃでわがなぃ。雪さ寝せろ。寝せろ。」
 猟師が叫びました。一郎は扶けられて起されながらも一度楢夫の顔を見ました。その顔は苹果のように赤くその唇はさっき光の国で一郎と別れたときのまま、かすかに笑っていたのです。けれどもその眼はとじその息は絶えそしてその手や胸は氷のように冷えてしまっていたのです。