目次へ  縦書き

よく利く薬とえらい薬

 清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。
 そして一足冷たい森の中にはいりますと、つぐみがすぐ飛んで来て言いました。
「清夫さん。今日もお薬取りですか。
 お母さんは どうですか。
 ばらの実は まだありますか。」
 清夫は笑って、
「いや、つぐみ、お早う。」と言いながら其処を通りました。
 其の声を聞いて、ふくろうが木の洞の中で太い声で言いました。
「清夫どの、今日も薬をお集めか。
 お母は すこしはいいか。
 ばらの実は まだ無くならないか。
  ゴギノゴギオホン、
      今日も薬をお集めか。
 お母は すこしはいいか。
 ばらの実は まだ無くならないか。」
 清夫は笑って、
「いや、ふくろう、お早う。」と言いながら其処を通りすぎました。
 森の中の小さな水溜りの葦の中で、さっきから一生けん命歌っていたよし切りが、あわてて早口に云いました。
「清夫さん清夫さん、
   お薬、お薬お薬、取りですかい?
 清夫さん清夫さん、
   お母さん、お母さん、お母さんはどうですかい?
 清夫さん清夫さん、
   ばらの実ばらの実、ばらの実はまだありますかい?」
 清夫は笑って、
「いや、よしきり、お早う。」と云いながら其処を通り過ぎました。
 そしてもう森の中の明地に来ました。
 そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取ったようになっています。
 清夫はお日さまで紫色に焦げたばらの実をポツンポツンと取りはじめました。空では雲が旗のように光って流れたり、白い孔雀の尾のような模様を作ってかがやいたりしていました。
 清夫はお母さんのことばかり考えながら、汗をポタポタ落して、一生けん命実をあつめましたがどう云う訳かその日はいつまで経っても籠の底がかくれませんでした。そのうちにもうお日さまは、空のまん中までおいでになって、林はツーンツーンと鳴り出しました。
(木の水を吸いあげる音だ)と清夫はおもいました。
 それでもまだ籠の底はかくれませんでした。
 かけすが、
「清夫さんもうおひるです。辯当おあがりなさい。落しますよ。そら。」と云いながら青いどんぐりを一粒ぽたっと落して行きました。
 けれども清夫はそれ所ではないのです。早くいつもの位取って、おうちへ帰らないとならないのです。もう、おひるすぎになって旗雲がみんな切れ切れに東へ飛んで行きました。
 まだ籠の底はかくれません。
 よしきりが林の向うの沼に行こうとして清夫の頭の上を飛びながら、
「清夫さん清夫さん。まだですか。まだですか。まだまだまだまだまぁだ。」と言って通りました。
 清夫は汗をポタポタこぼしながら、一生けん命とりました。いつまでたっても籠の底はかくれません。とうとうすっかりつかれてしまって、ぼんやりと立ちながら、一つぶのばらの実を唇にあてました。
 するとどうでしょう。唇がピリッとしてからだがブルブルッとふるい、何かきれいな流れが頭から手から足まで、すっかり洗ってしまったよう、何とも云えずすがすがしい気分になりました。空まではっきり青くなり、草の下の小さな苔まではっきり見えるように思いました。
 それに今まで聞えなかったかすかな音もみんなはっきりわかり、いろいろの木のいろいろな匂まで、実に一一手にとるようです。おどろいて手にもったその一つぶのばらの実を見ましたら、それは雨の雫のようにきれいに光ってすきとおっているのでした。
 清夫は飛びあがってよろこんで早速それを持って風のようにおうちへ帰りました。そしてお母さんに上げました。お母さんはこわごわそれを水に入れて飲みましたら今までの病気ももうどこへやら急にからだがピンとなってよろこんで起きあがりました。それからもうすっかりたっしゃになってしまいました。

         ※

 ところがその話はだんだんひろまりました。あっちでもこっちでも、その不思議なばらの実について評判していました。大かたそれは神様が清夫にお授けになったもんだろうというのでした。
 ところが近くの町に大三というものがありました。この人はからだがまるで象のようにふとって、それににせ金使いでしたから、にせ金ととりかえたほんとうのお金も沢山持っていましたし、それに誰もにせ金使いだということを知りませんでしたから、自分だけではまあこれが人間のさいわいというものでおれというものもずいぶんえらいもんだと思って居ました。ところがただ一つ、どうもちかごろ頭がぼんやりしていけない息がはあはあ云って困るというのでした。お医者たちはこれは少し喰べすぎですよ、も少しごちそうを少くさえなされば頭のぼんやりしたのもからだのだるいのもみんな直りますとこう云うのでしたが、大三はいつでも、いいやこれは何かからだに不足なものがある為なんだ、それだから、見ろ、むかしは脚気などでも米の中に毒があるためだから米さえ食わなけぁなおるって云ったもんだが今はどうだ、それはビタミンというものがたべものの中に足りない為だとこう云うんだろう、お前たちは医者ならそんなこと位知ってそうなもんだというような工合に却って逆にお医者さんをいじめたりするのでした。
 そしてしきりに、頭の工合のよくなって息のはあはあや、からだのだるいのが治ってそしてもっと物を沢山おいしくたべるような薬をさがしていましたがなかなか容易に見つかりませんでした。そこへ丁度この清夫のすきとおるばらの実のはなしを聞いたもんですからたまりません。早速人を百人ほど頼んで、林へさがしにやって参りました。それも折角さがしたやつを、すぐその人に呑まれてしまっては困るというので、暑いのを馬車に乗って、自分で林にやって参りました。それから林の入口で馬車を降りて、
 一足つめたい森の中にはいりますと、つぐみがすぐ飛んで来て、少し呆れたように言いました。
「おや、おや、これは全体人だろうか象だろうかとにかくひどく肥ったもんだ。一体何しに来たのだろう。」
 大三は怒って、
「何だと、今に薬さえさがしたらこの森ぐらい焼っぷくってしまうぞ。」と云いました。
 その声を聞いてふくろうが木の洞の中で太い声で云いました。
「おや、おや、ついぞ聞いたこともない声だ。ふいごだろうか。人間だろうか。もしもふいごとすれば、ゴギノゴギオホン、銀をふくふいごだぞ。すてきに壁の厚いやつらしいぜ。」
 さあ大三は自分の職業のことまで云われたものですから、まっ赤になって頬をふくらせてどなりました。
「何だと。人をふいごだと。今に薬さえさがしてしまったらこの林ぐらい焼っぷくってしまうぞ。」と云いました。
 すると今度は、林の中の小さな水溜りの蘆の中に居たよしきりが、急いで云いました。
「おやおやおや、これは一体大きな皮の袋だろうか、それともやっぱり人間だろうか、愕いたもんだねえ、愕いたもんだねえ。びっくりびっくり、くりくりくりくりくり。」
 さあ大三はいよいよ怒って、
「何だと畜生。薬さえ取ってしまったらこの林ぐらい、くるくるんに焼っぷくって見せるぞ。畜生。」
 それから百人の人たちを連れて大三は森の空地に来ました。
「いいか、さあ。さがせ。しっかりさがせ。」大三はまん中に立って云いました。
 みんなでガサガサガサガサさがしましたが、どうしてもそんなものはありません。
 空では雲が白鰻のように光ったり、白豚のように這ったりしています。
 大三は早くその薬をのんでからだがピンとなることばかり一生けん命考えながら、汗をポタポタ滴らし息をはあはあついて待っていました。
 みんなはガサガサガサガサやりますけれどもどうもなかなか見つかりません。
 そのうちにもうお日さまは空のまん中までおいでになって、林はツーンツーンと鳴り出しました。ああなるほど、脚気の木がビタミンをほしいよほしいよと云ってるわいと、大三は思いました。それでもまだすきとおるばらの実はみつかりません。
 かけすが、
「やあ象さん、もうおひるです。辯当おあがりなさい。落しますよ。そら。」
 と云いながら、栗の木の皮を一切れポタッと落として行きました。
「えい畜生。あとで鉄砲を持って来てぶっ放すぞ。」大三ははぎしりしてくやしがりました。
 空では白鰻のような雲も、みんな飛んで行き、大三は汗をたらしました。まだ見つかりません。よしきりが林の向うの沼の方に逃げながら、
「ふいごさん。ふいごさん。まだですか。まだですか。まだまだまだまぁだ。」
 と云って通りました。
 もう夕方になりました。そこでみんなはもうとてもだめだと思ってさがすのをやめてしまいました。大三もしばらくは困って立っていましたが、やがてポンと手を叩いて云いました。
「ようし。おれも大三だ。そのすきとおったばらの実を、おれが拵えて見せよう。おい、みんなばらの実を十貫目ばかり取って呉れ。」
 そこで大三は、その十貫目のばらの実を持って、おうちへ帰って参りました。
 それからにせ金製造場へ自分で降りて行って、ばらの実をるつぼに入れました。それからすきとおらせる為に、ガラスのかけらと水銀と塩酸を入れて、ブウブウとふいごにかけ、まっ赤に灼きました。そしたらどうです。るつぼの中にすきとおったものが出来ていました。大三はよろこんでそれを呑みました。するとアプッと云って死んでしまいました。それが丁度そのばんの八時半ごろ、るつぼの中にできたすきとおったものは、実は昇汞といういちばんひどい毒薬でした。