目次へ  縦書き

十月の末

 嘉ッコは、小さなわらじをはいて、赤いげんこを二つ顔の前にそろえて、ふっふっと息をふきかけながら、土間から外へ飛び出しました。外はつめたくて明るくて、そしてしんとしています。
 嘉ッコのお母さんは、大きなけらを着て、縄を肩にかけて、そのあとから出て来ました。
「母、昨夜、土ぁ、凍みだぢゃぃ。」嘉ッコはしめった黒い地面を、ばたばた踏みながら云いました。
「うん、霜ぁ降ったのさ。今日は畑ぁ、土ぁぐちゃぐちゃづがべもや。」と嘉ッコのお母さんは、半分ひとりごとのように答えました。
 嘉ッコのおばあさんが、やっぱりけらを着て、すっかり支度をして、家の中から出て来ました。
 そして一寸手をかざして、明るい空を見まわしながらつぶやきました。
「爺んごぁ、今朝も戻って来なぃがべが。家でぁこったに忙がしでば。」
「爺んごぁ、今朝も戻って来なぃがべが。」嘉ッコがいきなり叫びました。
 おばあさんはわらいました。
「うん。けづな爺んごだもな。酔たぐれでばがり居で、一向仕事助けるもさなぃで。今日も町で飲んでらべぁな。うなは爺んごに肖るやなぃぢゃぃ。」
「ダゴダア、ダゴダア、ダゴダア。」嘉ッコはもう走って垣の出口の柳の木を見ていました。
 それはツンツン、ツンツンと鳴いて、枝中はねあるく小さなみそさざいで一杯でした。
 実に柳は、今はその細長い葉をすっかり落して、冷たい風にほんのすこしゆれ、そのてっぺんの青ぞらには、町のお祭りの晩の電気菓子のような白い雲が、静に翔けているのでした。
「ツツンツツン、チ、チ、ツン、ツン。」
 みそさざいどもは、とんだりはねたり、柳の木のなかで、じつにおもしろそうにやっています。柳の木のなかというわけは、葉の落ちてカラッとなった柳の木の外側には、すっかりガラスが張ってあるような気がするのです。それですから、嘉ッコはますます大よろこびです。
 けれどもとうとう、そのすきとおるガラス凾もこわれました。それはお母さんやおばあさんがこっちへ来ましたので、嘉ッコが「ダア。」と云いながら、両手をあげたものですから、小さなみそさざいどもは、みんなまるでまん円になって、ぼろんと飛んでしまったのです。
 さてみそさざいも飛びましたし、嘉ッコは走って街道に出ました。
 電信ばしらが、
「ゴーゴー、ガーガー、キイミイガアアヨオワア、ゴゴー、ゴゴー、ゴゴー。」とうなっています。
 嘉ッコは街道のまん中に小さな腕を組んで立ちながら、松並木のあっちこっちをよくよく眺めましたが、松の葉がパサパサ続くばかり、そのほかにはずうっとはずれのはずれの方に、白い牛のようなものが頭だか足だか一寸出しているだけです。嘉ッコは街道を横ぎって、山の畑の方へ走りました。お母さんたちもあとから来ます。けれども、この路ならば、お母さんよりおばあさんより、嘉ッコの方がよく知っているのでした。路のまん中に一寸顔を出している円いあばたの石ころさえも、嘉ッコはちゃんと知っているのでした。厭きる位知っているのでした。
 嘉ッコは林にはいりました。松の木や楢の木が、つんつんと光のそらに立っています。
 林を通り抜けると、そこが嘉ッコの家の豆畑でした。
 豆ばたけは、今はもう、茶色の豆の木でぎっしりです。
 豆はみな厚い茶色の外套を着て、百列にも二百列にもなって、サッサッと歩いている兵隊のようです。
 お日さまはそらのうすぐもにはいり、向うの方のすすきの野原がうすく光っています。
 黒い鳥がその空の青じろいはてを、ななめにかけて行きました。
 お母さんたちがやっと林から出て来ました。それから向うの畑のへりを、もう二人の人が光ってこっちへやって参ります。一人は大きく一人は黒くて小さいのでした。
 それはたしかに、隣りの善コと、そのお母さんとにちがいありません。
「ホー、善コォ。」嘉ッコは高く叫びました。
「ホー。」高く返事が響いて来ます。そして二人はどっちからもかけ寄って、丁度畑の堺で会いました。善コの家の畑も、茶色外套の豆の木の兵隊で一杯です。
「汝ぃの家さ、今朝、霜降ったが。」と嘉ッコがたずねました。
「霜ぁ、おれぁの家さ降った。うなぃの家さ降ったが。」善コが云いました。
「うん、降った。」
 それから二人は善コのお母さんが持って来た蓆の上に座りました。お母さんたちはうしろで立って談しています。
 二人はむしろに座って、
「わあああああああああ。」と云いながら両手で耳を塞いだりあけたりして遊びました。ところが不思議なことは、「わああああんああああ。」と云わないでも、両手で耳を塞いだりあけたりしますと、
「カーカーココーコー、ジャー。」という水の流れるような音が聞えるのでした。
「ぢゃ、汝、あの音ぁ何の音だが覚だが。」
 と嘉ッコが云いました。善コもしばらくやって見ていましたが、やっぱりどうしてもそれがわからないらしく困ったように、
「奇体だな。」と云いました。
 その時丁度嘉ッコのお母さんが畦の向うの方から豆を抜きながらだんだんこっちへ来ましたので、嘉ッコは高く叫びました。
「母、こう云にしてガアガアど聞えるものぁ何だべ。」
「西根山の滝の音さ。」お母さんは豆の根の土をばたばた落しながら云いました。二人は西根山の方を見ました。けれどもそこから滝の音が聞えて来るとはどうも思われませんでした。
 お母さんが向うへ行って今度はおばあさんが来ました。
「ばさん。こう云うにしてガアガアコーコーど鳴るものぁ何だべ。」
 おばあさんはやれやれと腰をのばして、手の甲で額を一寸こすりながら、二人の方を見て云いました。
「天の邪鬼の小便の音さ。」
 二人は変な顔をしながら黙ってしばらくその音を呼び寄せて聞いていましたが、俄かに善コがびっくりする位叫びました。
「ほう、天の邪鬼の小便ぁ永ぃな。」
 そこで嘉ッコが飛びあがって笑っておばあさんの所に走って行って云いました。
「アッハッハ、ばさん。天の邪鬼の小便ぁたまげだ永ぃな。」
「永ぃてさ、天の邪鬼ぁいっつも小便、垂れ通しさ。」とおばあさんはすまして云いながら又豆を抜きました。嘉ッコは呆れてぼんやりとむしろに座りました。
 お日さまはうすい白雲にはいり、黒い鳥が高く高く環をつくっています。その雲のこっち、豆の畑の向うを、鼠色の服を着て、鳥打をかぶったせいのむやみに高い男が、なにかたくさん肩にかついで大股に歩いて行きます。
「兵隊さん。」善コが叫びながらそっちへかけ出しました。
「兵隊さんだなぃ。鉄砲持ってなぃぞ。」嘉ッコも走りながら云いました。
「兵隊さん。」善コが又叫びました。
「兵隊さんだなぃ。鉄砲持ってなぃぞ。」けれどもその時は二人はもう旅人の三間ばかりこっちまで来ていました。
「兵隊さん。」善コは又叫んでからおかしな顔をしてしまいました。
 見るとその人は赤ひげで西洋人なのです。おまけにその男が口を大きくして叫びました。
「グルルル、グルウ、ユー、リトル、ラズカルズ、ユー、プレイ、トラウント、ビ、オッフ、ナウ、スカッド、アウェイ、テゥ、スクール。」
 と雷のような声でどなりました。そこで二人はもうグーとも云わず、まん円になって一目散に逃げました。するとうしろではいかにも面白そうに高く笑う声がします。向うの方ではお母さんたちが心配そうに手をかざしてこっちを見ていましたが、やがて一寸おじぎをしました。二人は振り返って見ますとその鼠色の旅人も笑いながら帽子をとっておじぎをして居りました。そして又大股に向うに歩いて行ってしまいました。
 お日さまが又かっと明るくなり、二人はむしろに座ってひばりもないのに、
「ひばり焼げこ、ひばりこんぶりこ、」なんて出鱈目なひばりの歌を歌っていました。
 そのうちに嘉っこがふと思い出したように歌をやめて、一寸顔をしかめましたが、俄かに云いました。
「じゃ、うなぃの爺んごぁ、酔ったぐれだが。」
「うんにゃ、おれぁの爺んごぁ酔ったぐれだなぃ。」善コが答えました。
「そだら、うなぃの爺んごど俺ぁの爺んごど、爺んご取っ換ぇだらいがべぢゃぃ。取っ換ぇなぃどが。」嘉ッコがこれを云うか云わないにウンと云うくらいひどく耳をひっぱられました。見ると嘉ッコのおじいさんがけらを着て章魚のような赤い顔をして嘉ッコを上から見おろしているのでした。
「なにしたど。爺んご取っ換ぇるど。それよりもうなのごと山山のへっぴり伯父さ呉でやるべが。」
「じさん、許せゆるせ、取っ換ぇなぃはんて、ゆるせ。」嘉ッコは泣きそうになってあやまりました。そこでじいさんは笑って自分も豆を抜きはじめました。

         ※

 火は赤く燃えています。けむりは主におじいさんの方へ行きます。
 嘉ッコは、黒猫をしっぽでつかまえて、ギッと云うくらいに抱いていました。向う側ではもう学校に行っている嘉ッコの兄さんが、鞄から読本を出して声を立てて読んでいました。
   「松を火にたくいろりのそばで
    よるはよもやまはなしがはずむ
    母が手ぎわのだいこんなます
    これがいなかのとしこしざかな。第十三課……。」
「何したど。大根なますだど。としこしざがなだど。あんまりけづな書物だな。」と
おじいさんがいきなり云いました。そこで嘉ッコのお父さんも笑いました。
「なあにこの書物ぁ倹約教えだのだべも。」
 ところが嘉ッコの兄さんは、すっかり怒ってしまいました。そしてまるで泣き出しそうになって、読本を鞄にしまって、
「嘉ッコ、猫ぉおれさ寄越せぢゃ。」と云いました。
「わがなぃんちゃ。厭んたんちゃ。」と嘉ッコが云いました。
「寄越せったら、寄越せ。嘉ッコぉ。わあい。寄越せぢゃぁ。」
「厭んたぁ、厭んたぁ、厭んたったら。」
「そだら撲だぐぢゃい。いいが。」嘉ッコの兄さんが向うで立ちあがりました。おじいさんがそれをとめ、嘉ッコがすばやく逃げかかったとき、俄に途方もない、空の青セメントが一ぺんに落ちたというようなガタアッという音がして家はぐらぐらっとゆれ、みんなはぼかっとして呆れてしまいました。猫は嘉ッコの手から滑り落ちて、ぶるるっとからだをふるわせて、それから一目散にどこかへ走って行ってしまいました。「ガリガリッ、ゴロゴロゴロゴロ。」音は続きそれからバァッと表の方が鳴って何か石ころのようなものが一散に降って来たようすです。
「お雷さんだ。」おじいさんが云いました。
「雹だ。」お父さんが云いました。ガアガアッと云うその雹の音の向うから、
「ホーォ。」ととなりの善コの声が聞えます。
「ホーォ。」と嘉ッコが答えました。
「ホーォォ。」となりで又叫んでいます。
「ホーォォー。」嘉ッコが咽喉一杯笛のようにして叫びました。
 俄に外の音はやみ、淵の底のようにしずかになってしまって気味が悪いくらいです。
 嘉ッコの兄さんは雹を取ろうと下駄をはいて表に出ました。嘉ッコも続いて出ました。空はまるで新らしく拭いた鏡のようになめらかで、青い七日ごろのお月さまがそのまん中にかかり、地面はぎらぎら光って嘉ッコは一寸氷砂糖をふりまいたのだとさえ思いました。
 南のずうっと向うの方は、白い雲か霧かがかかり、稲光りが月あかりの中をたびたび白く渡ります。二人は雀の卵ぐらいある雹の粒をひろって愕ろきました。
「ホーォ。」善コの声がします。
「ホーォ。」嘉ッコと嘉ッコの兄さんとは一所に叫びながら垣根の柳の木の下まで出て行きました。となりの垣根からも小さな黒い影がプイッと出てこっちへやって参ります。善コです。嘉ッコは走りました。
「ほお、雹だぢゃぃ。大きぢゃぃ。こったに大きぢゃぃ。」善コも一杯つかんでいました。
「俺家のなもこの位あるぢゃぃ。」
 稲ずまが又白く光って通り過ぎました。
「ああ、山山のへっぴり伯父。」嘉ッコがいきなり西を指さしました。西根の山山のへっぴり伯父は月光に青く光って長々とからだを横たえました。