目次へ  縦書き

四又の百合

「正遍知はあしたの朝の七時ごろヒームキャの河をおわたりになってこの町に入らっしゃるそうだ。」
 斯う云う語がすきとおった風といっしょにハームキャの城の家々にしみわたりました。
 みんなはまるで子供のようにいそいそしてしまいました。なぜなら町の人たちは永い間どんなに正遍知のその町に来るのを望んでいたか知れないのです。それにまた町から沢山の人たちが正遍知のとこへ行ってお弟子になっていたのです。
「正遍知はあしたの朝の七時ごろヒームキャの河をおわたりになってこの町に入らっしゃるそうだ。」
 みんなは思いました、正遍知はどんなお顔いろでそのお眼はどんなだろう、噂の通り紺いろの蓮華のはなびらのような瞳をしていなさるだろうか、お指の爪やほんとうに赤銅いろに光るだろうか、また町から行った人たちが正遍知とどんなことを云いどんななりをしているだろう、もうみんなはまるで子供のようにいそいそして、まず自分の家をきちんとととのえそれから表へ出て通りをきれいに掃除しました。あっちの家からもこっちの家からも人が出て通りを掃いて居ります。水がまかれ牛糞や石ころはきれいにとりのけられ、また白い石英の砂が撒かれました。
「正遍知はあしたの朝の七時ごろヒームキャの河をおわたりになってこの町に入らっしゃるそうだ。」
 もちろんこの噂は早くも王宮に伝わりました。
「申し上げます。如来正遍知はあしたの朝の十時頃ヒームキャの河をお渡りになってこちらへいらっしゃるそうでございます。」
「そうか、たしかにそうか。」王さまはわれを忘れて瑪瑙で飾られた玉座を立たれました。
「たしかにさようと存じられます。今朝ヒームキャの向う岸でご説法のをハムラの二人の商人が拝んで参ったと申します。」
「そうか、それではまちがいあるまい。ああ、どんなにお待ちしただろう。すぐ町を掃除するよう布令を出せ。」
「申しあげます。町はもうすっかり掃除ができてございます。人民どもはもう大悦びでお布令を待たずきれいに掃除をいたしました。」
「うう。」王さまはうなるようにしました。
「なお参ってよく粗匆のないよう注意いたせ。それから千人の食事の支度を申し伝えて呉れ。」
「畏まりました。大膳職はさっきからそのご命を待ち兼ねてうろうろうろうろ厨の中を歩きまわって居ります。」
「ふう。そうか。」王さまはしばらく考えていられました。
「すると次は精舎だ。城外の柏林に千人の宿をつくるよう工作のものへ云って呉れないか。」
「畏まりました。ありがたい思召でございます。工作の方のものどもはもう万一ご命令もあるかと柏林の測量にとりかかって居ります。」
「ふう。正遍知のお徳は風のようにみんなの胸に充ちる。あしたの朝はヒームキャの河の岸までわしがお迎えに出よう。みなにそう伝えて呉れ。お前は夜明の五時に参れ。」
「畏まりました。」白髯の大臣はよろこんで子供のように顔を赤くして王さまの前を退がりました。
 次の夜明になりました。
 王さまは帳の中で総理大臣のしずかに入って来る足音を聴いてもう起きあがっていられました。
「申し上げます。ただ今丁度五時でございます。」
「うん、わしはゆうべ一晩ねむらなかった。けれども今朝わしのからだは水晶のようにさわやかだ。どうだろう、天気は。」王さまは帳を出てまっすぐに立たれました。
「大へんにいい天気でございます。修弥山の南側の瑠璃もまるですきとおるように見えます。こんな日如来正遍知はどんなにお立派に見えましょう。」
「いいあんばいだ。街は昨日の通りさっぱりしているか。」
「はい、阿耨達湖の渚のようでございます。」
「斎食の仕度はいいか。」
「もうすっかり出来て居ります。」
「柏林の造営はどうだ。」
「今朝のうちには大丈夫でございます。あとはただ窓をととのえて掃除するだけでございます。」
「そうか。では仕度しよう。」
 王さまはみんなを従えてヒームキャの川岸に立たれました。
 風がサラサラ吹き木の葉は光りました。
「この風はもう九月の風だな。」
「さようでございます。これはすきとおったするどい秋の粉でございます。数しれぬ玻璃の微塵のようでございます。」
「百合はもう咲いたか。」
「蕾はみんなできあがりましてございます。秋風の鋭い粉がその頂上の緑いろのかけ金を削って減らしてしまいます。今朝一斉にどの花も開くかと思われます。」
「うん。そうだろう。わしは正遍知に百合の花を捧げよう。大蔵大臣。お前は林へ行って百合の花を一茎見附けて来て呉れないか。」
 王さまは黒髯に埋まった大蔵大臣に云われました。
「はい。かしこまりました。」
 大蔵大臣はひとり林の方へ行きました。林はしんとして青く、すかして見ても百合の花は見えませんでした。
 大臣は林をまわりました。林の蔭に一軒の大きなうちがありました。日がまっ白に照って家は半分あかるく夢のように見えました。その家の前の栗の木の下に一人のはだしの子供がまっ白な貝細工のような百合の十の花のついた茎をもってこっちを見ていました。
 大臣は進みました。
「その百合をおれに売れ。」
「うん、売るよ。」子供は唇を円くして答えました。
「いくらだ。」大臣が笑いながらたずねました。
「十銭。」子供が大きな声で勢よく云いました。
「十銭は高いな。」大臣はほんとうに高いと思いながら云いました。
「五銭。」子供がまた勢よく答えました。
「五銭は高いな。」大臣はまだほんとうに高いと思いながら笑って云いました。
「一銭。」子供が顔をまっ赤にして叫びました。
「そうか。一銭。それではこれでいいだろうな。」大臣は紅宝玉の首かざりをはずしました。
「いいよ。」子供は赤い石を見てよろこんで叫びました。大臣は首かざりを渡して百合を手にとりました。
「何にするんだい。その花を。」子供がふと思い付いたように云いました。
「正遍知にあげるんだよ。」
「あっ、そんならやらないよ。」子供は首かざりを投げ出しました。
「どうして。」
「僕がやろうと思ったんだい。」
「そうか。じゃ返そう。」
「やるよ。」
「そうか。」大臣は又花を手にとりました。
「お前はいい子だな。正遍知がいらっしゃったらあとについてお城へおいで。わしは大蔵大臣だよ。」
「うん、行くよ。」子供はよろこんで叫びました。
 大臣は林をまわって川の岸へ来ました。
「立派な百合だ。ほんとうに。ありがとう。」王さまは百合を受けとってそれから恭々しくいただきました。
 川の向うの青い林のこっちにかすかな黄金いろがぽっと虹のようにのぼるのが見えました。みんなは地にひれふしました。王もまた砂にひざまずきました。
 二億年ばかり前どこかであったことのような気がします。