目次へ  縦書き

シグナルとシグナレス

       (一)

 『ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、
   さそりの赤眼が 見えたころ、
   四時から今朝も やって来た。
   遠野の盆地は まっくらで、
   つめたい水の 声ばかり。
  ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、
   凍えた砂利に 湯気を吐き、
   火花を闇に まきながら、
   蛇紋岩の 崖に来て、
   やっと東が 燃え出した。
  ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、
   鳥がなき出し 木は光り、
   青々川は ながれたが、
   丘もはざまも いちめんに、
   まぶしい霜を 載せていた。
  ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、
   やっぱりかけると あったかだ
   僕はほうほう 汗が出る。
   もう七八里 はせたいな、
   今日も、一日 霜ぐもり。
  ガタンガタン、ギー、シュウシュウ』
 軽便鉄道の東からの一番列車が少しあわてたようにこう歌いながらやって来てとまりました。機関車の下からは、力のない湯気が逃出して行き、ほそ長いおかしな形の煙突からは青いけむりが、ほんの少うし立ちました。
 そこで軽便鉄道附きの電信柱どもは、やっと安心したように、ぶんぶんとうなり、シグナルの柱はかたんと白い腕木をあげました。このまっすぐなシグナルの柱は、シグナレスでした。
 シグナレスはほっと小さなため息をついて空を見上げました。そらにはうすい雲が縞になっていっぱいに充ち、それはつめたい白光、凍った地面に降らせながら、しずかに東へ流れていたのです。
 シグナレスはじっとその雲の行く方をながめました。それからやさしい腕木を思い切りそっちの方へ延ばしながら、ほんのかすかにひとりごとを云いました。
『今朝は伯母さんたちもきっとこっちの方を見ていらっしゃるわ。』シグナレスはいつまでもいつまでもそっちに気をとられて居りました。
『カタン』
 うしろの方のしずかな空でいきなり音がしましたのでシグナレスは急いでそっちを振り向きました。ずうっと積まれた黒い枕木の向うにあの立派な本線のシグナルばしらが今はるかの南から、かがやく白けむりをあげてやって来る列車を迎える為にその上の硬い腕をさげたところでした。
『お早う今朝は暖ですね。』本線のシグナル柱はキチンと兵隊のように立ちながらいやにまじめくさって挨拶しました。
『お早うございます』シグナレスはふし目になって声を落して答えました。
『若さま、いけません。これからはあんなものに矢鱈に声をおかけなさらないようにねがいます。』本線のシグナルに夜電気を送る太い電信ばしらがさも勿体ぶって申しました。
 本線のシグナルはきまり悪そうにもじもじしてだまってしまいました。気の弱いシグナレスはまるでもう消えてしまうか飛んでしまうかしたいと思いました。けれどもどうにも仕方がありませんでしたからやっぱりじっと立っていたのです。
 雲の縞は薄い琥珀の板のようにうるみ、かすかなかすかな日光が降って来ましたので本線シグナル附きの電信柱はうれしがって向うの野原を行く小さな荷馬車を見ながら低く調子はずれの歌をやりました。
『ゴゴン、ゴーゴー、
 うすい雲から
 酒が降り出す、
 酒の中から
 霜がながれる。ゴゴンゴーゴー
 ゴゴンゴーゴー霜がとければ
 つちはまっくろ。
 馬はふんごみ
 人もべちゃべちゃゴゴンゴーゴー、』

       (二)

 それからもっともっとつづけざまにわけのわからないことを歌いました。
 その間に本線のシグナル柱が、そっと西風にたのんでこう云いました。
『どうか気にかけないで下さい。こいつはもうまるで野蛮なんです礼式も何も知らないのです。実際私はいつでも困ってるんですよ。』
 軽便鉄道のシグナレスは、まるでどぎまぎしてうつむきながら低く、
『あら、そんなことございませんわ。』と云いましたが何分風下でしたから本線のシグナルまで聞えませんでした。
『許して下さるんですか、本統を云ったら、僕なんかあなたに怒られたら生きている甲斐もないんですからね、』
『あらあら、そんなこと。』軽便鉄道の木でつくったシグナレスは、まるで困ったというように肩をすぼめましたが、実はその少しうつむいた顔は、うれしさにぼっと白光を出していました。
『シグナレスさん、どうかまじめで聞いて下さい。僕あなたの為なら、次の十時の汽車が来る時腕を下げないで、じっと頑張り通してでも見せますよ』わずかばかりヒュウヒュウ云っていた風が、この時ぴたりとやみました。
『あら、そんな事いけませんわ。』
『勿論いけないですよ。汽車が来るとき、腕を下げないで頑張るなんて、そんなことあなたの為にも僕の為にもならないから僕はやりはしませんよ。けれどもそんなことでもしようと云うんです。僕あなたの位大事なものは世界中ないんです。どうか僕を愛して下さい』
 シグナレスは、じっと下の方を見て黙って立っていました。本線シグナル附きのせいの低い電信柱は、まだ出鱈目の歌をやっています。
『ゴゴンゴーゴー、
 やまのいわやで、
 熊が火をたき、
 あまりけむくて、
 ほらを逃出す。ゴゴンゴー、
 田螺はのろのろ、
 うう、田螺はのろのろ。
 田螺のしゃっぽは、
 羅紗の上等 ゴゴンゴーゴー。』
 本線のシグナルはせっかちでしたから、シグナレスの返事のないのに、まるであわててしまいました。
『シグナレスさん、あなたはお返事をして下さらないんですか。ああ僕はもうまるでくらやみだ。目の前がまるでまっ黒な淵のようだ。ああ雷が落ちて来て、一ぺんに僕のからだをくだけ。足もとから噴火が起って、僕を空の遠くにほうりなげろ。もうなにもかもみんなおしまいだ。雷が落ちて来て一ぺんに僕のからだを砕け。足もと……。』
『いや若様、雷が参りました節は手前一身におんわざわいを頂戴いたします。どうかご安心をねがいとう存じます』
 シグナル附きの電信柱が、いつかでたらめの歌をやめて頭の上のはりがねの槍をぴんと立てながら眼をパチパチさせていました。
『えい。お前なんか何を云うんだ。
 僕はそれどこじゃないんだ。』
『それは又どうしたことでござりまする。
 ちょっとやつがれまでお申し聞けになりとう存じます。』
『いいよ、お前はだまっておいで』シグナルは高く叫びました。しかしシグナルも、もうだまってしまいました。
 雲がだんだん薄くなって柔かな陽が射して参りました。

       (三)

 五日の月が、西の山脈の上の黒い横雲から、もう一ぺん顔を出して山へ沈む前の、ほんのしばらくを鈍い鉛のような光で、そこらをいっぱいにしました。冬がれの木やつみ重ねられた黒い枕木はもちろんのこと、電信柱まで、みんな眠ってしまいました。遠くの遠くの風の音か水の音がごうと鳴るだけです。
『ああ、僕はもう生きてる甲斐もないんだ。汽車が来るたびに腕を下げたり、青いめがねをかけたり一体何の為にこんなことをするんだ。もうなんにも面白くない。ああ死のう。けれどもどうして死ぬ。やっぱり雷か噴火だ。』
 本線のシグナルは、今夜も眠られませんでした。非常なはんもんでした。けれどもそれはシグナルばかりではありません。枕木の向うに青白くしょんぼり立って赤い火をかかげている、軽便鉄道のシグナル、則ちシグナレスとても全くその通りでした。
『ああ、シグナルさんもあんまりだわ、あたしが云えないでお返事も出来ないのを、すぐあんなに怒っておしまいになるなんて。あたしもう何もかもみんなおしまいだわ。おお神様、シグナルさんに雷を落すとき、一緒に私にもお落し下さいませ。』
 こう云って、しきりに星ぞらに祈っているのでした。ところがその声が、かすかにシグナルの耳に入りました。シグナルはぎょっとしたように胸を張って、しばらく考えていましたが、やがてガタガタ顫え出しました。
 顫えながら云いました。
『シグナレスさん。あなたは何を祈っていられますか。』
『あたし存じませんわ。』シグナレスは声を落して答えました。
『シグナレスさん、それはあんまりひどいお言葉でしょう。僕はもう今すぐでもお雷さんに潰されて、又は噴火を足もとから引っぱり出して、又はいさぎよく風に倒されて、又はノアの洪水をひっかぶって、死んでしまおうと云うんですよ。それだのに、あなたはちっとも同情して下さらないんですか。』
『あら、その噴火や洪水を。あたしのお祈りはそれよ。』シグナレスは思い切って云いました。シグナルはもううれしくてうれしくて、なおさら、ガタガタガタガタふるえました。その赤い眼鏡もゆれたのです。
『シグナレスさん。なぜあなたは死ななけあならないんですか。ね僕へお話し下さい。ね。僕へお話し下さい、きっと、僕はそのいけないやつを追っぱらってしまいますから一体どうしたんですね。』
『だって、あなたがあんなにお怒りなさるんですもの。』
『ふふん。ああ、そのことですか。ふん。いいえ。その事ならばご心配ありません。大丈夫です。僕ちっとも怒ってなんか居はしませんからね。僕、もうあなたの為なら、めがねをみんな取られて、腕をみんなひっぱなされて、それから沼の底へたたき込まれたって、あなたをうらみはしませんよ。』
『あら、ほんとう。うれしいわ。』
『だから僕を愛して下さい。さあ僕を愛するって云って下さい。』
 五日のお月さまは、この時雲と山のはとの丁度まん中に居ました。シグナルはもうまるで顔色を変えて灰色の幽霊みたいになって言いました。
『又あなたはだまってしまったんですね。やっぱり僕がきらいなんでしょう。もういいや、どうせ僕なんか噴火か洪水か風かにやられるにきまってるんだ。』
『あら、ちがいますわ。』
『そんならどうですどうです、どうです。』
『あたし、もう大昔からあなたのことばかり考えていましたわ。』
『本統ですか、本統ですか、本統ですか。』
『ええ。』
『そんならいいでしょう。結婚の約束をして下さい。』
『でも』
『でもなんですか、僕たちは春になったら燕にたのんで、みんなにも知らせて結婚の式をあげましょう。どうか約束して下さい。』
『だってあたしはこんなつまらないんですわ』

       (四)

『わかってますよ、僕にはそのつまらないところが尊いんです。』
 すると、さあ、シグナレスはあらんかぎりの勇気を出して云い出しました。
『でもあなたは金でできてるでしょう。新式でしょう。赤青めがねも二組まで持っていらっしゃるわ、夜も電燈でしょう、あたしは夜だってランプですわ、めがねもただ一つきりそれに木ですわ。』
『わかってますよ。だから僕はすきなんです』
『あら、ほんとう。うれしいわ。あたしお約束するわ』
『え、ありがとう、うれしいなあ僕もお約束しますよ。あなたはきっと、私の未来の妻だ』
『ええ、そうよ、あたし決して変らないわ』
『約婚指環をあげますよ。そらねあすこの四つならんだ青い星ね』
『ええ』
『あの一番下の脚もとに小さな環が見えるでしょう、環状星雲ですよ。あの光の環ね、あれを受け取って下さい、僕のまごころです』
『ええ。ありがとう、いただきますわ』
『ワッハッハ。大笑いだ。うまくやってやがるぜ』
 突然向うのまっ黒な倉庫がそらにもはばかるような声でどなりました。二人はまるでしんとなってしまいました。
 ところが倉庫が又云いました。
『いや心配しなさんな。このことは決してほかへはもらしませんぞ。わしがしっかり呑み込みました』
 その時です、お月さまがカブンと山へお入りになってあたりがポカッとうすぐらくなったのは。
 今は風があんまり強いので電信ばしらどもは、本線の方も、軽便鉄道の方のもまるで気が気でなく、ぐうんぐうんひゅうひゅうと独楽のようにうなって居りました。それでも空はまっ青に晴れていました。
 本線シグナルつきの太っちょの電しんばしらも、もうでたらめの歌をやるどころの話ではありません、できるだけからだをちぢめて眼を細くして、ひとなみに、ブウウ、フウウとうなってごまかして居りました。
 シグナレスは、この時、東のぐらぐらする位強い青びかりの中をびっこをひくようにして走って行く雲を見て居りましたがそれからチラッとシグナルの方を見ました。
 シグナルは、今日は巡査のようにしゃんと、立っていましたが、風が強くて太っちょの電信ばしらに聞えないのをいいことにして、シグナレスにはなしかけました。

       (五)

『どうもひどい風ですね。あなた頭がほてって痛みはしませんか。どうも僕は少しくらくらしますね。いろいろお話しますから、あなたただ頭をふってうなずいてだけいて下さい。どうせお返事をしたって、僕のところへ届きはしませんから、それから僕のはなしで面白くないことがあったら横の方に頭を振って下さい。これは、本とうは、欧羅巴の方のやり方なんですよ。向うでは、僕たちのように仲のいいものがほかの人に知れないようにお話をするときは、みんなこうするんですよ。僕それを向うの雑誌で見たんです、ね、あの倉庫のやつめ、おかしなやつですね。いきなり僕たちの話してるところへ口を出して、引き受けたの何のって云うんですもの、あいつはずいぶん太ってますね、今日も眼をパチバチやらかしてますよ。
 僕のあなたに物を言ってるのはわかっていても、何を言ってるのか風で一向聞えないんですよ、けれども全体、あなたに聞えてるんですか、聞えてるなら頭を振って下さい、ええそう、聞えるでしょうね。僕たち早く結婚したいもんですね。早く春になれあいいんですね。
 僕のとこのぶっきりこに少しも知らせないで置きましょう。そして置いて、いきなり、ウヘン、ああ風でのどがぜいぜいする。ああひどい。一寸お話をやめますよ。僕のどが痛くなったんです。わかりましたか、じゃちょっとさよなら』
 それからシグナルは、ううううと云いながら眼をぱちぱちさせてしばらくの間だまって居ました。シグナレスもおとなしくシグナルの咽喉のなおるのを待っていました。電信ばしらどもは、ブンブンゴンゴンと鳴り、風はひゅうひゅうとやりました。

       (六)

 シグナルはつばをのみこんだりえーえーとせきばらいをしたりしていましたが、やっと咽喉の痛いのが癒ったらしく、もう一ぺんシグナレスに話しかけました。けれどもこの時は、風がまるで熊のように吼え、まわりの電信ばしらどもは山一ぱいの蜂の巣を一ぺんに壊しでもしたようにぐわんぐわんとうなっていましたので、折角のその声も、半分ばかりしかシグナレスに届きませんでした。
『ね、僕はもうあなたの為なら、次の汽車の来るとき、頑張って腕を下げないことでも、何でもするんですからね、わかったでしょう。あなたもその位の決心はあるでしょうね、あなたはほんとうに美しいんです、ね、世界の中にだって僕たちの仲間はいくらもあるんでしょう。その半分はまあ女の人でしょうがねえ、その中であなたは一番美しいんです。もっとも外の女の人僕よく知らないんですけれどね、きっとそうだと思うんですよ、どうです聞えますか。僕たちのまわりに居るやつはみんな馬鹿ですねのろまですね、僕とこのぶっきりこが僕が何をあなたに云ってるのかと思って、そらごらんなさい、一生けん命、目をパチバチやってますよ、こいつと来たら全くチョークよりも形がわるいんですからね、そら、こんどはあんなに口を曲げていますよ、呆れた馬鹿ですねえ、僕のはなし聞えますか、僕の……』
『若さま、さっきから何をべちゃべちゃ云っていらっしゃるのです。しかもシグナレス風情と、一体何をにやけて居らっしゃるんです』
 いきなり本線シグナル附の電信ばしらが、むしゃくしゃまぎれにごうごうの音の中を途方もない声でどなったもんですから、シグナルは勿論シグナレスもまっ青になってぴたっとこっちへまげていたからだをまっすぐに直しました。
『若さま、さあ仰しゃい。役目として承らなければなりません』

       (七)
 シグナルは、やっと元気を取り直しました。そしてどうせ風の為に何を云っても同じことなのをいいことにして、
『馬鹿、僕はシグナレスさんと結婚して幸福になって、それからお前にチョークのお嫁さんを呉れてやるよ』
 とこうまじめな顔で云ったのでした。その声は風下のシグナレスにはすぐ聞えましたので、シグナレスは恐いながら思わず笑ってしまいました。さあそれを見た本線シグナル附の電信ばしらの怒りようと云ったらありません、早速ブルブルッとふるえあがり、青白く逆上せてしまい唇をきっと噛みながらすぐひどく手を廻してすなわち一ぺん東京まで手をまわして風下に居る軽便鉄道の電信ばしらに、シグナルとシグナレスの対話が、一体何だったか今シグナレスが笑ったことは、どんなことだったかたずねてやりました。
 ああ、シグナルは一生の失策をしたのでした。シグナレスよりも少し風下にすてきに耳のいい長い長い電信ばしらが居て知らん顔をしてすまして空の方を見ながら、さっきからの話をみんな聞いていたのです。そこで、早速、それを東京を経て本線シグナルつきの電信ばしらに返事をしてやりました。
 本線シグナルつきの電信ばしらは、キリキリ歯がみをしながら聞いていましたが、すっかり聞いてしまうと、さあまるでもう馬鹿のようになってどなりました。
『くそッ、えいっ。いまいましい。あんまりだ、犬畜生、あんまりだ。犬畜生、ええ、若さまわたしだって男ですぜ、こんなにひどく馬鹿にされてだまっているとお考えですか。結婚だなんてやれるならやってごらんなさい。電信ばしらの仲間はもうみんな反対です。シグナルばしらの人だちだって鉄道長の命令にそむけるもんですか。そして鉄道長はわたしの叔父ですぜ。結婚なり何なりやってごらんなさい。えい、犬畜生め、えい』
 本線シグナル附きの電信ばしらは、すぐ四方に電報をかけました。それからしばらく顔色を変えてみんなの返事をきいていました。確かにみんなから反対の約束を貰ったらしいのでした。それからきっと叔父のその鉄道長とかにもうまく頼んだにちがいありません。シグナルもシグナレスもあまりのことに今さらポカンとして呆れていました。本線シグナル附きの電信ばしらはすっかり反対の準備が出来るとこんどは急に泣き声で言いました。

       (八)

『あああ、八年の間、夜ひる寝ないで面倒を見てやってそのお礼がこれか。ああ情ない、もう世の中はみだれてしまった。ああもうおしまいだ。なさけない。メリケン国のエジソンさまもこのあさましい世界をお見棄てなされたか。オンオンオンオン、ゴゴンゴーゴーゴゴンゴー』
 風はますます吹きつのり、西のそらが変にしろくぼんやりなってどうもあやしいと思っているうちにチラチラチラチラとうとう雪がやって参りました。
 シグナルは力を落して青白く立ち、そっとよこ眼でやさしいシグナレスの方を見ました。シグナレスはしくしく泣きながら、丁度やって来る二時の汽車を迎える為にしょんぼりと腕をさげ、そのいじらしい撫肩はかすかにかすかにふるえて居りました。空では風がフイウ、涙を知らない電信ばしらどもはゴゴンゴーゴーゴゴンゴーゴー。
 さあ今度は夜ですよ。シグナルはしょんぼり立って居りました。
 月の光が青白く雪を照しています。雪はこうこうと光ります。そこにはすきとおって小さな紅火や青の火をうかべました。しいんとしています。山脈は若い白熊の貴族の屍体のようにしずかに白く横わり、遠くの遠くを、ひるまの風のなごりがヒュウと鳴って通りました、それでもじつにしずかです。黒い枕木はみなねむり赤の三角や黄色の点々さまざまの夢を見ているとき、若いあわれなシグナルはほっと小さなため息をつきました。そこで半分凍えてじっと立っていたやさしいシグナレスも、ほっと小さなため息をしました。
『シグナレスさん。ほんとうに僕たちはつらいねえ』
 たまらずシグナルがそっとシグナレスに話掛けました。
『ええみんなあたしがいけなかったのですわ』シグナレスが青じろくうなだれて云いました。

       (九)

 諸君、シグナルの胸は燃えるばかり、
『ああ、シグナレスさん、僕たちたった二人だけ、遠くの遠くのみんなの居ないところに行ってしまいたいね。』
『ええ、あたし行けさえするならどこへでも行きますわ。』
『ねえ、ずうっとずうっと天上にあの僕たちの約婚指環よりも、もっと天上に青い小さな小さな火が見えるでしょう。そら、ね、あすこは遠いですねえ。』
『ええ。』シグナレスは小さな唇でいまにもその火にキッスしたそうに空を見あげていました。
『あすこには青い霧の火が燃えているんでしょうね。その青い霧の火の中へ僕たち一緒に坐りたいですねえ。』
『ええ。』
『けれどあすこには汽車はないんですねえ、そんなら僕畑をつくろうか。何か働かないといけないんだから。』
『ええ。』
『ああ、お星さま、遠くの青いお星さま。どうか私どもをとって下さい。ああなさけぶかいサンタマリヤ、まためぐみふかいジョウジスチブンソンさま、どうか私どものかなしい祈りを聞いて下さい。』
『ええ。』
『さあ一緒に祈りましょう。』
『ええ。』
『あわれみふかいサンタマリヤ、すきとおるよるの底、つめたい雪の地面の上にかなしくいのるわたくしどもをみそなわせ、めぐみふかいジョウジスチブンソンさま、あなたのしもべのまたしもべ、かなしいこのたましいのまことの祈りをみそなわせ、ああ、サンタマリヤ。』
『ああ。』

       (十)

 星はしずかにめぐって行きました。そこであの赤眼のさそりが、せわしくまたたいて東から出て来そしてサンタマリヤのお月さまが慈愛にみちた尊い黄金のまなざしに、じっと二人を見ながら、西のまっくろの山におはいりになったとき、シグナルシグナレスの二人は、いのりにつかれてもう睡って居ました。
       □
 今度はひるまです。なぜなら夜昼はどうしてもかわるがわるですから。
 ぎらぎらのお日さまが東の山をのぼりました。シグナルシグナレスはぱっと桃色に映えました。いきなり大きな巾広い声がそこら中にはびこりました。
『おい。本線シグナル附きの電信ばしら、おまえの叔父の鉄道長に早くそう云って、あの二人は一緒にしてやった方がよかろうぜ。』
 見るとそれは先ころの晩の倉庫の屋根でした。
 倉庫の屋根は、赤いうわぐすりをかけた瓦を、まるで鎧のようにキラキラ着込んで、じろっとあたりを見まわしているのでした。
 本線シグナル附きの電信ばしらは、がたがたっとふるえてそれからじっと固くなって答えました。
『ふん、何だとお前は何の縁故でこんなことに口を出すんだ』
『おいおい、あんまり大きなつらをするなよ。ええおい。おれは縁故と云えば大縁故さ、縁故でないと云えば、一向縁故でも何でもないぜ、がしかしさ。こんなことにはてめいのような変ちきりんはあんまりいろいろ手を出さない方が結局てめいの為だろうぜ』
『何だと。おれはシグナルの後見人だぞ。鉄道長の甥だぞ』
『そうか。おい立派なもんだなあ。シグナルさまの後見人で鉄道長の甥かい。けれどもそんならおれなんてどうだい、おれさまはな、ええ、めくらとんびの後見人、ええ風引きの脈の甥だぞ。どうだ、どっちが偉い』
『何をっ。コリッ、コリコリッ、カリッ』
『まあまあそう怒るなよ。これは冗談さ。悪く思わんで呉れ。な、あの二人さ、可哀そうだよ。いい加減にまとめてやれよ。大人らしくもないじゃないか。あんまり胸の狭いことは云わんでさ。あんな立派な後見人を持って、シグナルもほんとうにしあわせだと云われるぜ。な、まとめてやれ、まとめてやれ』
 本線シグナルつきの電信ばしらは、物を云おうとしたのでしたがもうあんまり気が立ってしまってパチパチパチパチ鳴るだけでした。
 倉庫の屋根もあんまりのその怒りように、まさかこんな筈ではなかったと云うように少し呆れてだまってその顔を見ていました。お日さまはずうっと高くなり、シグナルとシグナレスとはほっと又ため息をついてお互に顔を見合せました。シグナレスは瞳を少し落しシグナルの白い胸に青々と落ちためがねの影をチラッと見てそれから俄に目をそらして自分のあしもとをみつめ考え込んでしまいました。
 今夜は暖です。
 霧がふかくふかくこめました。
 そのきりを徹して、月のあかりが水色にしずかに降り、電信ばしらも枕木も、みんな寝しずまりました。
 シグナルが待っていたようにほっと息をしました。シグナレスも胸いっぱいのおもいをこめて小さくほっとといきしました。
 そのときシグナルとシグナレスとは、霧の中から倉庫の屋根の落ちついた親切らしい声の響いて来るのを聞きました。
『お前たちは、全く気の毒だね。わたしは今朝うまくやってやろうと思ったんだが、却っていけなくしてしまった。ほんとうに気の毒なことになったよ。しかしわたしには又考えがあるからそんなに心配しないでもいいよ。お前たちは霧でお互に顔も見えずさびしいだろう』
『ええ』
『ええ』
『そうか。ではおれが見えるようにしてやろう。いいか、おれのあとをついて二人一しょに真似をするんだぜ』

       (十一)

『ええ』
『そうか。ではアルファー』
『アルファー』
『ビーター』『ビーター』
『ガムマア』『ガムマーアー』
『デルタア』『デールータアーアアア』
 実に不思議です。いつかシグナルとシグナレスとの二人はまっ黒な夜の中に肩をならべて立っていました。
『おや、どうしたんだろう。あたり一面まっ黒びろうどの夜だ』
『まあ、不思議ですわね、まっくらだわ』
『いいや、頭の上が星で一杯です。おや、なんという大きな強い星なんだろう、それに見たこともない空の模様ではありませんか、一体あの十三連なる青い星は前どこにあったのでしょう、こんな星は見たことも聞いたこともありませんね。僕たちぜんたいどこに来たんでしょうね』
『あら、空があんまり速くめぐりますわ』
『ええ、あああの大きな橙の星は地平線から今上ります。おや、地平線じゃない。水平線かしら。そうです。ここは夜の海の渚ですよ。』
『まあ奇麗だわね、あの波の青びかり。』
『ええ、あれは磯波の波がしらです、立派ですねえ、行って見ましょう。』
『まあ、ほんとうにお月さまのあかりのような水よ。』
『ね、水の底に赤いひとでがいますよ。銀色のなまこがいますよ。ゆっくりゆっくり、這ってますねえ。それからあのユラユラ青びかりの棘を動かしているのは、雲丹ですね。波が寄せて来ます。少し遠退きましょう、』
『ええ。』
『もう、何べん空がめぐったでしょう。大へん寒くなりました。海が何だか凍ったようですね。波はもううたなくなりました。』
『波がやんだせいでしょうかしら。何か音がしていますわ。』
『どんな音。』
『そら、夢の水車の軋りのような音。』
『ああそうだ。あの音だ。ピタゴラス派の天球運行の諧音です。』
『あら、何だかまわりがぼんやり青白くなって来ましたわ。』
『夜が明けるのでしょうか。いやはてな。おお立派だ。あなたの顔がはっきり見える。』
『あなたもよ。』
『ええ、とうとう、僕たち二人きりですね。』
『まあ、青じろい火が燃えてますわ。まあ地面も海も。けど熱くないわ。』
『ここは空ですよ。これは星の中の霧の火ですよ。僕たちのねがいが叶ったんです。ああ、さんたまりや。』
『ああ。』
『地球は遠いですね。』
『ええ。』
『地球はどっちの方でしょう。あたりいちめんの星どこがどこかもうわからない。あの僕のブッキリコはどうしたろう。あいつは本とうはかあいそうですね。』
『ええ、まあ火が少し白くなったわ、せわしく燃えますわ。』
『きっと今秋ですね。そしてあの倉庫の屋根も親切でしたね。』
『それは親切とも。』いきなり太い声がしました。気がついて見るとああ二人とも一緒に夢を見ていたのでした。いつか霧がはれてそら一めんのほしが、青や橙やせわしくせわしくまたたき、向うにはまっ黒な倉庫の屋根が笑いながら立って居りました。
 二人は又ほっと小さな息をしました。