目次へ  縦書き

氷河鼠の毛皮

 このおはなしは、ずいぶん北の方の寒いところからきれぎれに風に吹きとばされて来たのです。氷がひとでや海月やさまざまのお菓子の形をしている位寒い北の方から飛ばされてやって来たのです。
 十二月の二十六日の夜八時ベーリング行の列車に乗ってイーハトヴを発った人たちが、どんな眼にあったかきっとどなたも知りたいでしょう。これはそのおはなしです。

       ×

 ぜんたい十二月の二十六日はイーハトヴはひどい吹雪でした。町の空や通りはまるっきり白だか水色だか変にばさばさした雪の粉でいっぱい、風はひっきりなしに電線や枯れたポプラを鳴らし、鴉なども半分凍ったようになってふらふらと空を流されて行きました。ただ、まあ、その中から馬そりの鈴のチリンチリン鳴る音が、やっと聞えるのでやっぱり誰か通っているなということがわかるのでした。
 ところがそんなひどい吹雪でも夜の八時になって停車場に行って見ますと暖炉の火は愉快に赤く燃えあがり、ベーリング行の最大急行に乗る人たちはもうその前にまっ黒に立っていました。
 何せ北極のじき近くまで行くのですからみんなはすっかり用意していました。着物はまるで厚い壁のくらい着込み、馬油を塗った長靴をはきトランクにまで寒さでひびが入らないように馬油を塗ってみんなほうほうしていました。
 汽缶車はもうすっかり支度ができて暖そうな湯気を吐き、客車にはみな明るく電燈がともり、赤いカーテンもおろされて、プラットホームにまっすぐにならびました。
『ベーリング行、午後八時発車、ベーリング行。』一人の駅夫が高く叫びながら待合室に入って来ました。
 すぐ改札のベルが鳴りみんなはわいわい切符を切って貰ってトランクや袋を車の中にかつぎ込みました。
 間もなくパリパリ呼子が鳴り汽缶車は一つポーとほえて、汽車は一目散に飛び出しました。何せベーリング行の最大急行ですから実にはやいもんです。見る間にそのおしまいの二つの赤い火が灰いろの夜のふぶきの中に消えてしまいました。ここまではたしかに私も知っています。

       ×

 列車がイーハトヴの停車場をはなれて荷物が棚や腰掛の下に片附き、席がすっかりきまりますとみんなはまずつくづくと同じ車の人たちの顔つきを見まわしました。
 一つの車には十五人ばかりの旅客が乗っていましたがそのまん中には顔の赤い肥った紳士がどっしりと腰掛けていました。その人は毛皮を一杯に着込んで、二人前の席をとり、アラスカ金の大きな指環をはめ、十連発のぴかぴかする素敵な鉄砲を持っていかにも元気そう、声もきっとよほどがらがらしているにちがいないと思われたのです。
 近くにはやっぱり似たようななりの紳士たちがめいめい眼鏡を外したり時計を見たりしていました。どの人も大へん立派でしたがまん中の人にくらべては少し痩ていました。向うの隅には痩た赤ひげの人が北極狐のようにきょとんとすまして腰を掛けこちらの斜かいの窓のそばにはかたい帆布の上着を着て愉快そうに自分にだけ聞えるような微かな口笛を吹いている若い船乗りらしい男が乗っていました。そのほか痩て眉も深く刻み陰気な顔を外套のえりに埋ている人さっぱり何でもないというようにもう睡りはじめた商人風の人など三四人居りました。

       ×

 汽車は時々素通りする停車場の踏切でがたっと横にゆれながら一生けん命ふぶきの中をかけました。しかしその吹雪もだんだんおさまったのかそれとも汽車が吹雪の地方を越したのか、まもなくみんなは外の方から空気に圧しつけられるような気がし、もう外では雪が降っていないというように思いました。黄いろな帆布の青年は立って自分の窓のカーテンを上げました。そのカーテンのうしろには湯気の凍り付いたぎらぎらの窓ガラスでした。たしかにその窓ガラスは変に青く光っていたのです。船乗りの青年はポケットから小さなナイフを出してその窓の羊歯の葉の形をした氷をガリガリ削り落しました。
 削り取られた分の窓ガラスはつめたくて実によく透とおり向うでは山脈の雪が耿々とひかり、その上の鉄いろをしたつめたい空にはまるでたったいまみがきをかけたような青い月がすきっとかかっていました。
 野原の雪は青じろく見え煙の影は夢のようにかけたのです。唐檜やとど松がまっ黒に立ってちらちら窓を過ぎて行きます。じっと外を見ている若者の唇は笑うように又泣くようにかすかにうごきました。それは何か月に話し掛けているかとも思われたのです。みんなもしんとして何か考え込んでいました。まん中の立派な紳士もまた鉄砲を手に持って何か考えています。けれども俄に紳士は立ちあがりました。鉄砲を大切に棚に載せました。それから大きな声で向うの役人らしい葉巻をくわえている紳士に話し掛けました。
『何せ向こうは寒いだろうね。』
 向うの紳士が答えました。
『いや、それはもう当然です。いくら寒いと云ってもこっちのは相対的ですがなあ、あっちはもう絶対です。寒さがちがいます。』
『あなたは何べん行ったね。』
『私は今度二辺目ですが。』
『どうだろう、わしの防寒の設備は大丈夫だろうか。』
『どれ位ご支度なさいました。』
『さあ、まあイーハトヴの冬の着物の上に、ラッコ裏の内外套ね、海狸の中外套ね、黒狐表裏の外外套ね。』
『大丈夫でしょう、ずいぶんいいお支度です。』
『そうだろうか、それから北極兄弟商会パテントの緩慢燃焼外套ね……。』
『大丈夫です』
『それから氷河鼠の頸のとこの毛皮だけでこさえた上着ね。』
『大丈夫です。しかし氷河鼠の頸のとこの毛皮はぜい沢ですな。』
『四百五十疋分だ。どうだろう。こんなことで大丈夫だろうか。』
『大丈夫です。』
『わしはね、主に黒狐をとって来るつもりなんだ。黒狐の毛皮九百枚持って来てみせるというかけをしたんだ。』
『そうですか。えらいですな。』
『どうだ。祝盃を一杯やろうか。』紳士はステームでだんだん暖まって来たらしく外套を脱ぎながらウエスキーの瓶を出しました。
 すじ向いではさっきの青年が額をつめたいガラスにあてるばかりにして月とオリオンとの空をじっとながめ、向うの隅ではあの痩た赤髯の男が眼をきょろきょろさせてみんなの話を聞きすまし、酒を呑み出した紳士のまわりの人たちは少し羨ましそうにこの剛勢な北極近くまで猟に出かける暢気な大将を見ていました。

       ×

 毛皮外套をあんまり沢山もった紳士はもうひとりの外套を沢山もった紳士と喧嘩をしましたがそのあとの方の人はとうとう負て寝たふりをしてしまいした。
 紳士はそこでつづけさまにウイスキーの小さなコップを十二ばかりやりましたらすっかり酔いがまわってもう目を細くして唇をなめながらそこら中の人に見あたり次第くだを巻きはじめました。
『ね、おい、氷河鼠の頸のところの毛皮だけだぜ。ええ、氷河鼠の上等さ。君、君、百十六疋の分なんだ。君、君斯う見渡すというと外套二枚ぐらいのお方もずいぶんあるようだが外套二枚じゃだめだねえ、君は三枚だからいいね、けれども、君、君、君のその外套は全体それは毛じゃないよ。君はさっきモロッコ狐だとか云ったねえ。どうしてどうしてちゃんとわかるよ。それはほんとの毛じゃないよ。ほんとの毛皮じゃないんだよ』
『失敬なことを云うな。失敬な』
『いいや、ほんとのことを云うがね、たしかにそれはにせものだ。絹糸で拵えたんだ』
『失敬なやつだ。君はそれでも紳士かい』
『いいよ。僕は紳士でもせり売屋でも何でもいい。君のその毛皮はにせものだ』
『野蕃なやつだ。実に野蕃だ』
『いいよ。おこるなよ向うへ行って寒かったら僕のとこへおいで』
『頼まない』
 よその紳士はすっかりぶりぶりしてそれでもきまり悪そうにやはりうつうつ寝たふりをしました。
 氷河鼠の上着を有った大将は唇をなめながらまわりを見まわした。
『君、おい君、その窓のところのお若いの。失敬だが君は船乗りかね』
 若者はやっぱり外を見ていました。月の下にはまっ白な蛋白石のような雲の塊が走って来るのです。
『おい、君、何と云っても向うは寒い、その帆布一枚じゃとてもやり切れたもんじゃない。けれども君はなかなか豪儀なとこがある。よろしい貸てやろう。僕のを一枚貸てやろう。そうしよう』
 けれども若者はそんな言が耳にも入らないというようでした。つめたく唇を結んでまるでオリオン座のとこの鋼いろの空の向うを見透かすような眼をして外を見ていました。
『ふん。パースレーかね。黒狐だよ。なかなか寒いからね、おい、君若いお方、失敬だが外套を一枚お貸申すとしようじゃないか。黄いろの帆布一枚じゃどうしてどうして零下の四十度を防ぐもなにもできやしない。黒狐だから。おい若いお方。君、君、おいなぜ返事せんか。無礼なやつだ君は我輩を知らんか。わしはねイーハトヴのタイチだよ。イーハトヴのタイチを知らんか。こんな汽車へ乗るんじゃなかったな。わしの持船で出かけたらだまって殿さまで通るんだ。ひとりで出掛けて黒狐を九百疋とって見せるなんて下らないかけをしたもんさ』
 こんな馬鹿げた大きな子供の酔どれをもう誰も相手にしませんでした。みんな眠るか睡る支度でした。きちんと起きているのはさっきの窓のそばの一人の青年と客車の隅でしきりに鉛筆をなめながらきょときょと聴き耳をたてて何か書きつけているあの痩せた赤髯の男だけでした。
『紅茶はいかがですか。紅茶はいかがですか』
 白服のボーイが大きな銀の盆に紅茶のコップを十ばかり載せてしずかに大股にやって来ました。
『おい、紅茶をおくれ』イーハトヴのタイチが手をのばしました。ボーイはからだをかがめてすばやく一つを渡し銀貨を一枚受け取りました。
 そのとき電燈がすうっと赤く暗くなりました。
 窓は月のあかりでまるで螺鈿のように青びかりみんなの顔も俄に淋しく見えました。
『まっくらでござんすなおばけが出そう』ボーイは少し屈んであの若い船乗りののぞいている窓からちょっと外を見ながら云いました。
『おや、変な火が見えるぞ。誰かかがりを焚いているな。おかしい』
 この時電燈がまたすっとつきボーイは又
『紅茶はいかがですか』と云いながら大股にそして恭しく向うへ行きました。
 これが多分風の飛ばしてよこした切れ切れの報告の第五番目にあたるのだろうと思います。

       ×

 夜がすっかり明けて東側の窓がまばゆくまっ白に光り西側の窓が鈍い鉛色になったとき汽車が俄にとまりました。みんなは顔を見合せました。
『どうしたんだろう。まだベーリングに着く筈がないし故障ができたんだろうか。』
 そのとき俄に外ががやがやしてそれからいきなり扉ががたっと開き朝日はビールのようにながれ込みました。赤ひげがまるで違った物凄い顔をしてピカピカするピストルをつきつけてはいって来ました。
 そのあとから二十人ばかりのすさまじい顔つきをした人がどうもそれは人というよりは白熊といった方がいいような、いや、白熊というよりは雪狐と云った方がいいようなすてきにもくもくした毛皮を着た、いや、着たというよりは毛皮で皮ができてるというた方がいいような、ものが変な仮面をかぶったりえり巻を眼まで上げたりしてまっ白ないきをふうふう吐きながら大きなピストルをみんな握って車室の中にはいって来ました。
 先登の赤ひげは腰かけにうつむいてまだ睡っていたゆうべの偉らい紳士を指さして云いました。
『こいつがイーハトヴのタイチだ。ふらちなやつだ。イーハトヴの冬の着物の上にねラッコ裏の内外套と海狸の中外套と黒狐裏表の外外套を着ようというんだ。おまけにパテント外套と氷河鼠の頸のとこの毛皮だけでこさえた上着も着ようというやつだ。これから黒狐の毛皮九百枚とるとぬかすんだ、叩き起せ。』
 二番目の黒と白の斑の仮面をかぶった男がタイチの首すじをつかんで引きずり起しました。残りのものは油断なく車室中にピストルを向けてにらみつけていました。
 三番目のが云いました。
『おい、立て、きさまこいつだなあの電気網をテルマの岸に張らせやがったやつは。連れてこう』
『うん、立て。さあ立ていやなつらをしてるなあさあ立て』
 紳士は引ったてられて泣きました。ドアがあけてあるので室の中は俄に寒くあっちでもこっちでもクシャンクシャンとまじめ臭ったくしゃみの声がしました。
 二番目がしっかりタイチをつかまえて引っぱって行こうとしますと三番目のはまだ立ったままきょろきょろ車中を見まわしました。
『外にはないか。そこのとこに居るやつも毛皮の外套を三枚持ってるぞ』
『ちがうちがう』赤ひげはせわしく手を振って云いました。『ちがうよ。あれはほんとの毛皮じゃない絹糸でこさえたんだ』
『そうか』
 ゆうべのその外套をほんとのモロッコ狐だと云った人は変な顔をしてしゃちほこばっていました。
『よし、さあでは引きあげ、おい誰でもおれたちがこの車を出ないうちに一寸でも動いたやつは胸にスポンと穴をあけるから、そう思え』
 その連中はじりじりとあと退りして出て行きました。
 そして一人ずつだんだん出て行っておしまい赤ひげがこっちへピストルを向けながらせなかでタイチを押すようにして出て行こうとしました。タイチは髪をばちゃばちゃにして口をびくびくまげながら前からはひっぱられうしろからは押されてもう扉の外へ出そうになりました。
 俄に窓のとこに居た帆布の上着の青年がまるで天井にぶっつかる位のろしのように飛びあがりました。
 ズドン。ピストルが鳴りました。落ちたのはただの黄いろの上着だけでした。と思ったらあの赤ひげがもう足をすくって倒され青年は肥った紳士を又車室の中に引っぱり込んで右手には赤ひげのピストルを握って凄い顔をして立っていました。
 赤ひげがやっと立ちあがりましたら青年はしっかりそのえり首をつかみピストルを胸につきつけながら外の方へ向いて高く叫びました。
『おい、熊ども。きさまらのしたことは尤もだ。けれどもなおれたちだって仕方ない。生きているにはきものも着なけぁいけないんだ。おまえたちが魚をとるようなもんだぜ。けれどもあんまり無法なことはこれから気を付けるように云うから今度はゆるして呉れ。ちょっと汽車が動いたらおれの捕虜にしたこの男は返すから』
『わかったよ。すぐ動かすよ』外で熊どもが叫びました。
『レールを横の方へ敷いたんだ』誰かが云いました。
 氷ががりがり鳴ったりばたばたかけまわる音がしたりして汽車は動き出しました。
『さあけがをしないように降りるんだ』船乗りが云いました。赤ひげは笑ってちょっと船乗りの手を握って飛び降りました。
『そら、ピストル』船乗りはピストルを窓の外へほうり出しました。
『あの赤ひげは熊の方の間諜だったね』誰かが云いました。わかものは又窓の氷を削りました。
 氷山の稜が桃色や青やぎらぎら光って窓の外にぞろっとならんでいたのです。これが風のとばしてよこしたお話のおしまいの一切れです。