目次へ  縦書き

黒ぶどう

 仔牛が厭きて頭をぶらぶら振っていましたら向うの丘の上を通りかかった赤狐が風のように走って来ました。
「おい、散歩に出ようじゃないか。僕がこの柵を持ちあげているから早くくぐっておしまい。」
 仔牛は云われた通りまず前肢を折って生え出したばかりの角を大事にくぐしそれから後肢をちぢめて首尾よく柵を抜けました。二人は林の方へ行きました。
 狐が青ぞらを見ては何べんもタンと舌を鳴らしました。
 そして二人は樺林の中のベチュラ公爵の別荘の前を通りました。
 ところが別荘の中はしいんとして煙突からはいつものコルク抜きのような煙も出ず鉄の垣が行儀よくみちに影法師を落しているだけで中には誰も居ないようでした。
 そこで狐がタン、タンと二つ舌を鳴らしてしばらく立ちどまってから云いました。
「おい、ちょっとはいって見ようじゃないか。大丈夫なようだから。」
 犢はこわそうに建物を見ながら云いました。
「あそこの窓に誰かいるじゃないの。」
「どれ、何だい、びくびくするない。あれは公爵のセロだよ。だまってついておいで。」
「こわいなあ、僕は。」
「いいったら、おまえはぐずだねえ。」
 赤狐はさっさと中へ入りました。仔牛も仕方なくついて行きました。ひいらぎの植込みの処を通るとき狐の子は又青ぞらを見上げてタンと一つ舌を鳴らしました。仔牛はどきっとしました。
 赤狐はわき玄関の扉のとこでちょっとマットに足をふいてそれからさっさと段をあがって家の中に入りました、仔牛もびくびくしながらその通りしました。
「おい、お前の足はどうしてそうがたがた鳴るんだい。」赤狐は振り返って顔をしかめて仔牛をおどしました。仔牛ははっとして頸をちぢめながら、なあに僕は一向家の中へなんど入りたくないんだが、と思いました。
「この室へはいって見よう。おい。誰か居たら遁げ出すんだよ。」赤狐は身構えしながら扉をあけました。
「何だい。ここは書物ばかりだい。面白くないや。」狐は扉をしめながら云いました。支那の地理のことを書いた本なら見たいなあと仔牛は思いましたがもう狐がさっさと廊下を行くもんですから仕方なくまたついて行きました。
「どうしておまえの足はそうがたがた鳴るんだい。第一やかましいや。僕のようにそっとあるけないのかい。」
 狐が又次の室をあけようとしてふり向いて云いました。
 仔牛はどうもうまく行かないというように頭をふりながらまたどこか、なあに僕は人の家の中なんぞ入りたくないんだと思いました。
「何だい、この室はきものばかりだい。見っともないや。」
 赤狐は扉をしめて云いました。僕はあのいつか公爵の子供が着て居た赤い上着なら見たいなあと仔牛は思いましたけれどももう狐がぐんぐん向うへ行くもんですから仕方なくついて行きました。
 狐はだまって今度は真鍮のてすりのついた立派なはしごをのぼりはじめました。どうして狐さんはああうまくのぼるんだろうと仔牛は思いました。
「やかましいねえ、お前の足ったら、何て無器用なんだろう。」狐はこわい眼をして指で仔牛をおどしました。
 はしご段をのぼりましたら一つの室があけはなしてありました。日が一ぱいに射して絨緞の花のもようが燃えるように見えました。てかてかした円卓の上にまっ白な皿があってその上に立派な二房の黒ぶどうが置いてありました。冷たそうな影法師までちゃんと添えてあったのです。
「さあ、喰べよう。」狐はそれを取ってちょっと嚊いで検査するようにしながら云いました。「おい、君もやり給え。蜂蜜の匂もするから。」狐は一つぶべろりとなめてつゆばかり吸って皮と肉とさねは一しょに絨緞の上にはきだしました。
「そばの花の匂もするよ。お食べ。」狐は二つぶ目のきょろきょろした青い肉を吐き出して云いました。
「いいだろうか。」僕はたべる筈がないんだがと仔牛は思いながら一つぶ口でとりました。
「いいともさ。」狐はプッと五つぶめの肉を吐き出しながら云いました。
 仔牛はコツコツコツコツと葡萄のたねをかみ砕いていました。
「うまいだろう。」狐はもう半ぶんばかり食っていました。
「うん、大へん、おいしいよ。」仔牛がコツコツ鳴らしながら答えました。
 そのとき下の方で、
「ではあれはやっぱりあのまんまにして置きましょう。」という声とステッキのカチッと鳴る音がして誰か二三人はしご段をのぼって来るようでした。
 狐はちょっと眼を円くしてつっ立って音を聞いていましたがいきなり残りの葡萄の房を一ぺんにべろりとなめてそれから一つくるっとまわってバルコンへ飛び出しひらっと外へ下りてしまいました。仔牛はあわてて室の出口の方へ来ました。
「おや、牛の子が来てるよ。迷って来たんだね。」せいの高い鼻眼鏡の公爵が段をあがって来て云いました。
「おや、誰か葡萄なぞ食って床へ種子をちらしたぞ。」泊りに来て居た友だちのヘルバ伯爵が上着のかくしに手をつっこんで云いました。
「この牛の仔にリボン結んでやるわ。」伯爵の二番目の女の子がかくしから黄いろのリボンを出しながら云いました。