目次へ  縦書き

鳥箱先生とフゥねずみ

 あるうちに一つの鳥かごがありました。
 鳥かごと云うよりは、鳥箱という方が、よくわかるかもしれません。それは、天井と、底と、三方の壁とが、無暗に厚い板でできていて、正面丈けが、針がねの網でこさえた戸になっていました。
 そして小さなガラスの窓が横の方についていました。ある日一疋の子供のひよどりがその中に入れられました。ひよどりは、そんなせまい、くらいところへ入れられたので、いやがってバタバタバタバタしました。
 鳥かごは、早速、
「バタバタ云っちゃいかん。」と云いました。ひよどりは、それでも、まだ、バタバタしていましたが、つかれてうごけなくなると、こんどは、おっかさんの名を呼んで、泣きました。鳥かごは、早速、「泣いちゃいかん。」と云いました。この時、とりかごは、急に、ははあおれは先生なんだなと気がつきました。なるほど、そう気がついて見ると、小さなガラスの窓は、鳥かごの顔、正面の網戸が立派なチョッキと云うわけでした。
 いよいよそうきまって見ると、鳥かごは、もう、一分もじっとしていられませんでした。そこで
「おれは先生なんだぞ。鳥箱先生というんだぞ。お前を教育するんだぞ。」と云いました。ひよどりも仕方なく、それからは、鳥箱先生と呼んでいました。
 けれども、ひよどりは、先生を大嫌いでした。毎日、じっと先生の腹の中に居るのでしたが、もう、それを見るのもいやでしたから、いつも目をつぶっていました。目をつぶっても、もしか、ひょっと、先生のことを考えたら、もうむねが悪くなるのでした。ところが、そのひよどりは、ある時、七日というもの、一つぶの粟も貰いませんでした。みんな忘れていたのです。そこで、もうひもじくって、ひもじくって、とうとう、くちばしをパクパクさせながら、死んでしまいました。鳥箱先生も
「ああ哀れなことだ」と云いました。その次に来たひよどりの子供も、丁度その通りでした。ただ、その死に方が、すこし変っていただけです。それは腐った水を貰った為に、赤痢になったのでした。
 その次に来たひよどりの子供は、あんまり空や林が恋しくて、とうとう、胸がつまって死んでしまいました。
 四番目のは、先生がある夏、一寸油断をして網のチョッキを大きく開けたまま、睡っているあいだに、乱暴な猫大将が来て、いきなりつかんで行ってしまったのです。鳥箱先生も目をさまして、
「あっ、いかん。生徒をかえしなさい。」と云いましたが、猫大将はニヤニヤ笑って、向うへ走って行ってしまいました。鳥箱先生も
「ああ哀れなことだ」と云いました。しかし鳥箱先生は、それからはすっかり信用をなくしました。そしていきなり物置の棚へ連れて来られました。
「ははあ、ここは、大へん、空気の流通が悪いな。」と鳥箱先生は云いながら、あたりを見まわしました。棚の上には、こわれかかった植木鉢や、古い朱塗りの手桶や、そんながらくたが一杯でした。そして鳥箱先生のすぐうしろに、まっくらな小さな穴がありました。
「はてな。あの穴は何だろう。獅子のほらあなかも知れない。少くとも竜のいわやだね。」と先生はひとりごとを言いました。
 それから、夜になりました。鼠が、その穴から出て来て、先生を一寸かじりました。先生は大へんびっくりしましたが、無理に心をしずめてこう云いました。
「おいおい。みだりに他人をかじるべからずという、カマジン国の王様の格言を知らないか。」
 鼠はびっくりして、三歩ばかりあとへさがって、ていねいにおじぎをしてから申しました。
「これは、まことにありがたいお教えでございます。実に私の肝臓までしみとおります。みだりに他人をかじるということは、ほんとうに悪いことでございます。私は、去年、みだりに金づちさまをかじりましたので、前歯を二本欠きました。又、今年の春は、みだりに人間の耳を噛じりましたので、あぶなく殺されようとしました。実にかたじけないおさとしでございます。ついては、私のせがれ、フゥと申すものは、誠におろかものでございますが、どうか毎日、お教えを戴くように願われませんでございましょうか。」
「うん。とにかく、その子をよこしてごらん。きっと、立派にしてあげるから。わしはね。今こそこんな処へ来ているが、前は、それはもう、硝子でこさえた立派な家の中に居たんだ。ひわ鳥を、四人も育てて教えてやったんだ。どれもみんな、はじめはバタバタ云って、手もつけられない子供らばかりだったがね、みんな、間もなく、わしの感化で、おとなしく立派になった。そして、それはそれは、安楽に一生を送ったのだ。栄耀栄華をきわめたもんだ。」
 親ねずみは、あんまりうれしくて、声も出ませんでした。そして、ペコペコ頭をさげて、急いで自分の穴へもぐり込んで、子供のフゥねずみを連れ出して、鳥箱先生の処へやって参りました。
「この子供でございます。どうか、よろしくおねがい致します。どうかよろしくおねがい致します。」二人は頭をぺこぺこさげました。
 すると、先生は、
「ははあ、仲々賢こそうなお子さんですな。頭のかたちが大へんよろしい。いかにも承知しました。きっと教えてあげますから。」
 ある日、フゥねずみが先生のそばを急いで通って行こうとしますと、鳥箱先生があわてて呼びとめました。
「おい。フゥ。ちょっと待ちなさい。なぜ、おまえは、そう、ちょろちょろ、つまだてしてあるくんだ。男というものは、もっとゆっくり、もっと大股にあるくものだ。」
「だって先生。僕の友だちは、誰だってちょろちょろ歩かない者はありません。僕のその中で、一番威張って歩いているんです。」
「お前の友だちというのは、どんな人だ。」
「しらみに、くもに、だにです。」
「そんなものと、お前はつきあっているのか。なぜもう少し、りっぱなものとつきあわん。なぜもっと立派なものとくらべないか。」
「だって、僕は、猫や、犬や、獅子や、虎は、大嫌いなんです。」
「そうか。それなら仕方ない。が、も少しりっぱにやって貰いたい。」
「もうわかりました。先生。」フゥねずみは一目散に逃げて行ってしまいました。
 それから又五六日たって、フゥねずみが、いそいで鳥箱先生のそばをかけ抜けようとしますと、先生が叫びました。
「おい。フゥ。一寸待ちなさい。なぜお前は、そんなにきょろきょろあたりを見てあるくのです。男はまっすぐに行く方を向いて歩くもんだ。それに決して、よこめなんかはつかうものではない。」
「だって先生。私の友達はみんなもっときょろきょろしています。」
「お前の友だちというのは誰だ。」
「たとえばくもや、しらみや、むかでなどです。」
「お前は、また、そんなつまらないものと自分をくらべているが、それはよろしくない。お前はりっぱな鼠になる人なんだからそんな考はよさなければいけない。」
「だって私の友達は、みんなそうです。私はその中では一番ちゃんとしているんです。」
 そしてフゥねずみは一目散に逃げて穴の中へはいってしまいました。
 それから又五六日たって、フゥねずみが、いつものとおり、大いそぎで鳥箱先生のそばを通りすぎようとしますと、先生が網のチョッキがたっとさせながら、呼びとめました。
「おい。フゥ、ちょっと待ちなさい。おまえはいつでもわしが何か云おうとすると、早く逃げてしまおうとするが、今日は、まあ、すこしおちついて、ここへすわりなさい。お前はなぜそんなにいつでも首をちぢめて、せなかを円くするのです。」
「だって、先生。私の友達は、みんな、もっとせなかを円くして、もっと首をちぢめていますよ。」
「お前の友達といっても、むかでなどはせなかをすっくりとのばしてあるいているではないか。」
「いいえ。むかではそうですけれども、ほかの友だちはそうではありません。」
「ほかの友だちというのは、どんな人だ。」
「けしつぶや、ひえつぶや、おおばこの実などです。」
「なぜいつでも、そんなつまらないものとだけ、くらべるのだ。ええ。おい。」
 フゥねずみは面倒臭くなったので一目散に穴の中へ逃げ込みました。
 鳥籠先生も、今度という今度は、すっかり怒ってしまって、ガタガタガタガタふるえて叫びました。
「フゥの母親、こら、フゥの母親。出て来い。おまえのむすこは、もうどうしても退校だ。引き渡すから早速出て来い。」
 フゥのおっかさんねずみは、ブルブルふるえているフゥねずみのえり首をつかんで、鳥箱先生の前に連れて来ました。
 鳥箱先生は怒って、ほてって、チョッキをばたばたさせながら云いました。
「おれは四人もひよどりを教育したが、今日までこんなひどいぶじょくを受けたことはない。実にこの生徒はだめなやつだ。」
 その時、まるで、嵐のように黄色なものが出て来て、フゥをつかんで地べたへたたきつけ、ひげをヒクヒク動かしました。それは猫大将でした。
 猫大将は、
「ハッハッハ、先生もだめだし、生徒も悪い。先生はいつでも、もっともらしいうそばかり云っている。生徒は志がどうもけしつぶより小さい。これではもうとても国家の前途が思いやられる。」と云いました。