目次へ  縦書き

まなづるとダアリヤ

 くだものの畑の丘のいただきに、ひまわりぐらいせいの高い、黄色なダアリヤの花が二本と、まだたけ高く、赤い大きな花をつけた一本のダアリヤの花がありました。
 この赤いダアリヤは花の女王になろうと思っていました。
 風が南からあばれて来て、木にも花にも大きな雨のつぶを叩きつけ、丘の小さな栗の木からさえ、青いいがや小枝をむしってけたたましく笑って行く中で、この立派な三本のダアリヤの花は、しずかにからだをゆすりながら、かえっていつもよりかがやいて見えて居りました。
 それから今度は北風又三郎が、今年はじめて笛のように青ぞらを叫んで過ぎた時、丘のふもとのやまならしの木はせわしくひらめき、菓物畑の梨の実は落ちましたが、此のたけ高い三本のダアリヤは、ほんのわずか、きらびやかなわらいを揚げただけでした。

          ※

 黄色な方の一本が、こころを南の青白い天末に投げながら、ひとりごとのように云ったのでした。
「お日さまは、今日はコバルト硝子の光のこなを、すこうしよけいにお播きなさるようですわ。」
 しみじみと友達の方を見ながら、もう一本の黄色なダアリヤが云いました。
「あなたは今日はいつもより、少し青ざめて見えるのよ。きっとあたしもそうだわ。」
「ええ、そうよ。そしてまあ」赤いダアリヤに云いました「あなたの今日のお立派なこと。あたしなんだかあなたが急に燃え出してしまうような気がするわ。」
 赤いダアリヤの花は、青ぞらをながめて、日にかがやいて、かすかに笑って答えました。
「こればっかしじゃ仕方ないわ。あたしの光でそこらが赤く燃えるようにならないくらいなら、まるでつまらないのよ。あたしもうほんとうに苛々してしまうわ。」
 やがて太陽は落ち、黄水晶の薄明穹も沈み、星が光りそめ、空は青黝い淵になりました。
「ピートリリ、ピートリリ。」と鳴いて、その星あかりの下を、まなづるの黒い影がかけて行きました。
「まなづるさん。あたしずいぶんきれいでしょう。」赤いダアリヤが云いました。
「ああきれいだよ。赤くってねえ。」
 鳥は向うの沼の方のくらやみに消えながらそこにつつましく白く咲いていた一本の白いダアリヤに声ひくく叫びました。
「今ばんは。」
 白いダアリヤはつつましくわらっていました。

          ※

 山山にパラフィンの雲が白く澱み、夜が明けました。黄色なダアリヤはびっくりして、叫びました。
「まあ、あなたの美しくなったこと。あなたのまわりは桃色の後光よ。」
「ほんとうよ。あなたのまわりは虹から赤い光だけ集めて来たようよ。」
「あら、そう。だってやっぱりつまらないわ。あたしあたしの光でそらを赤くしようと思っているのよ。お日さまが、いつもより金粉をいくらかよけいに撒いていらっしゃるのよ。」
 黄色な花は、どちらもだまって口をつぐみました。
 その黄金いろのまひるについで、藍晶石のさわやかな夜が参りました。
 いちめんのきら星の下を、もじゃもじゃのまなづるがあわただしく飛んで過ぎました。
「まなづるさん。あたしかなり光っていない?」
「ずいぶん光っていますね。」
 まなづるは、向うのほのじろい霧の中に落ちて行きながらまた声ひくく白いダアリヤへ声をかけて行きました。
「今晩は。ご機嫌はいかがですか。」

          ※

 星はめぐり、金星の終りの歌で、そらはすっかり銀色になり、夜があけました。日光は今朝はかがやく琥珀の波です。
「まあ、あなたの美しいこと。後光は昨日の五倍も大きくなってるわ。」
「ほんとうに眼もさめるようなのよ。あの梨の木まであなたの光が行ってますわ。」
「ええ、それはそうよ。だってつまらないわ。誰もまだあたしを女王さまだとは云わないんだから。」
 そこで黄色なダアリヤは、さびしく顔を見合せて、それから西の群青の山脈にその大きな瞳を投げました。
 かんばしくきらびやかな、秋の一日は暮れ、露は落ち星はめぐり、そしてあのまなづるが、三つの花の上の空をだまって飛んで過ぎました。
「まなづるさん。あたし今夜どう見えて?」
「さあ、大したもんですね。けれどももう大分くらいからな。」
 まなづるはそして向うの沼の岸を通ってあの白いダアリヤに云いました。
「今晩は、いいお晩ですね。」

          ※

 夜があけかかり、その桔梗色の薄明の中で、黄色なダアリヤは、赤い花を一寸見ましたが、急に何か恐そうに顔を見合せてしまって、一ことも物を云いませんでした。赤いダアリヤが叫びました。
「ほんとうにいらいらするってないわ。今朝はあたしはどんなに見えているの。」
 一つの黄色のダアリヤが、おずおずしながら云いました。
「きっとまっ赤なんでしょうね。だけどあたしらには前のように赤く見えないわ。」
「どう見えるの。云って下さい。どう見えるの。」
 も一つの黄色なダアリヤが、もじもじしながら云いました。
「あたしたちにだけそう見えるのよ。ね。気にかけないで下さいね。あたしたちには何だかあなたに黒いぶちぶちができたように見えますわ。」
「あらっ。よして下さいよ。縁起でもないわ。」
 太陽は一日かがやきましたので、丘の苹果の半分はつやつや赤くなりました。
 そして薄明が降り、黄昏がこめ、それから夜が来ました。
 まなづるが、
「ピートリリ、ピートリリ。」と鳴いてそらを通りました。
「まなづるさん。今晩は、あたし見える?」
「さよう。むずかしいですね。」
 まなづるはあわただしく沼の方へ飛んで行きながら白いダアリヤに云いました。
「今晩は少しあたたかですね。」

          ※

 夜があけはじめました。その青白い苹果の匂のするうすあかりの中で、赤いダアリヤが云いました。
「ね、あたし、今日はどんなに見えて。早く云って下さいな。」
 黄色なダアリヤは、いくら赤い花を見ようとしても、ふらふらしたうすぐろいものがあるだけでした。
「まだ夜があけないからわかりませんわ。」
 赤いダアリヤはまるで泣きそうになりました。
「ほんとうを云って下さい。ほんとうを云って下さい。あなたがた私にかくしているんでしょう。黒いの。黒いの。」
「ええ、黒いようよ。だけどほんとうはよく見えませんわ。」
「あらっ。何だってあたし赤に黒のぶちなんていやだわ。」
 そのとき顔の黄いろに尖ったせいの低い変な三角の帽子をかぶった人がポケットに手を入れてやって来ました。そしてダアリヤの花を見て叫びました。
「あっこれだ。これがおれたちの親方の紋だ。」
 そしてポキリと枝を折りました。赤いダアリヤはぐったりとなってその手のなかに入って行きました。
「どこへいらっしゃるのよ。どこへいらっしゃるのよ。あたしにつかまって下さいな。どこへいらっしゃるのよ。」二つのダアリヤも、たまらずしくりあげながら叫びました。
 遠くからかすかに赤いダアリヤの声がしました。
 その声もはるかにはるかに遠くなり、今は丘のふもとのやまならしの梢のさやぎにまぎれました。そして黄色なダアリヤの涙の中でギラギラの太陽はのぼりました。