目次へ  縦書き

〔われはダルゲを名乗れるものと〕

われはダルゲを名乗れるものと
つめたく最後のわかれを交はし
閲覧室の三階より
白き砂をはるかにたどるこゝちにて
その地下室に下り来り
かたみに湯と水とを呑めり
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ
焔は葱の華なせば
網膜半ば奪はれて
その洞黒く錯乱せりし
 
かくぞわれらはその文に
ダルゲと名乗る哲人と
永久とはのわかれをなせるなり