目次へ  縦書き

〔なべてはしけく よそほひて〕

なべてはしけく  よそほひて
暁惑ふ      改札を
ならび出づると  ふりかへる
人なきホーム   陸の橋

歳に一夜の    旅了へし
をとめうなゐの  ひとむれに
黒きけむりを   空高く
職場は待てり   春の雨

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

フェルトの草履  美しくして
なべての指は   荒みたり
さもいたいけの  をみなごの
オペラバッグを  振れるあり

暁惑ふ      改札を
ならび過ぐると  おのおのに
人なきホーム   陸の橋
まなこさびしく  ふりかへる