目次へ  縦書き

国柱会

外の面には春日うららに
ありとあるひびきなせるを
灰いろのこの 館には
百の人 けはひだになし

台の上 桜はなさき
行楽の 士女さゞめかん
この館はひえびえとして
泉石を うち繞りたり

大居士は 眼をいたみ
はや三月 人の見るなく
智応氏はのどをいたつき
巾巻きて廊に按ぜり

崖下にまた笛鳴りて
東へと とゞろき行くは
北国の春の光を
百里経て汽車の着きけん

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

国柱会

外の面には春日うららに
ありとあるひびきなせるを
灰いろのこの 館には
百の人 けはひだになし

台の上 桜はなさき
行楽の 士女さゞめかん
この館はひえびえとして
泉石を うち繞りたり

大居士は 眼をいたみ
はや三月 人の見るなく
智応氏はのどをいたつき
巾巻きて廊に按ぜり

崖下に笛うち鳴りて
東へと とゞろき行くは
北国の春の光を
百里経て汽車の着きけん