目次へ  縦書き

〔青びかる天弧のはてに〕

青びかる天弧のはてに
きらゝかに町はうかびて
六月のたつきのみちは
いまやはた尽きはてにけり

いさゝかの書籍とセロを
思ふまゝ(以下空白)

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

青びかる天弧のはてに
きらゝかに町はうかびて

いさゝかの書籍と楽器
思ふまゝ(以下空白)



(先駆形口語詩「金策」)

一〇七七

金策

一九二七、六、三〇、

青びかりする天弧のはてに
うつくしく町がうかんでゐる
かあいさうな町よ
金持とおもはれ
一文もなく
一文の収入もない
そしてうらまれる
辞職でござる
そこで世間といふものは
中間といふものをゆるさない
なにもかもみんないけない
悪口、反感、
一八や十九でおとなよりも貪慾なこども
なにもかもみんないけない
おれは今日はもう遊ばう
何もかも
みんな忘れてしまって
ひなたのなかのこどもにならう
甘く熟してぬるんだ風と
なにか小さなモーターの音
この花さいた(約三字空白)の樹だ
梢いっぱい蜂がとび
その膠質な影のなかを
月光いろの花辯がふり
向ふでは町がやっぱり
ひかってそらにうかんでゐる