目次へ  縦書き

宅地

白日雲の角に入り
害条桐を辞し堕ちぬ
黒きゐのこは巣を出でて
キャベヂの茎を穿ちたり

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

宅地

白日黒の島に入り
空柯は桐を辞し堕ちぬ
黒きゐのこは巣を出でて
キャベヂの茎を穿ちたり



(先駆形口語詩「一〇三七 宅地」)

一〇三七

宅地

一九二七、四、一三、

日が黒雲の、
一つの棘にかくれれば
やけに播かれた石灰窒素の砂利畑に
さびしく桐の枝が落ち
鼻の尖った満州豚は
小屋のなかから ぽくっと斜めに
頭には石灰窒素をくっつけながらはね出して
玉菜の茎をほじくりあるく
家のなかではひとり置かれた赤ん坊が
片っ方の眼をつぶってねむる