目次へ  縦書き

機会

恋のはじめのおとなひは
かの青春に来りけり
おなじき第二神来は
蒼き上着にありにけり
その第三は諸人の
栄誉のなかに来りけり
いまおゝその四愛隣は
何たるぼろの中に来しぞも

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

恋のはじめのおとなひは
その青春に来りけり
おなじき第二神来は
蒼き上着にありにけり
その第三は諸人の
栄誉のなかに来りけり
いまおゝその四愛隣は
何たるぼろの中に来しぞも