目次へ  縦書き

〔ま青きそらの風をふるはし〕

ま青きそらの風をふるはし
ひとりはたらく脱穀機

    R-R-r-r-r-r-r-r-r
脱穀小屋の庇の下に
首を垂れたる二疋の馬

    R-R-r-r-r-r-r-r-r
粉雪おぼろにひかりたち
はるかにりりと鐘なれば
うなじをあぐる二疋の馬
華やかなりしそのかみの
よきギャロップをうちふみて
うまやにこそは帰り行くなれ

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

  R-R-r-r-r-r-r-r-r
(二字不明)し畑地と
玉蜀黍倉や
雪をふるはす脱穀機

  R-R-r-r-r-r-r-r-r
脱穀小屋の庇の下に
首を垂れたる二疋の馬

  R-R-r-r-r-r-r-r-r
粉雪おぼろにひかりいでしかば
馬はひとしく頚をあげ
華やかなりしそのかみの
よきギャロップをうちふみつ
小屋をめぐりて厩に帰る