目次へ  縦書き

月天讃歌 (擬古調)

兜の尾根のうしろより
月天ちらとのぞきたまへり

月天子ほのかにのぞみたまへども
野の雪いまだ暮れやらず
しばし山はにたゆたひおはす

決然として月天子
山をいでたち給ひつゝ
その横雲の黒雲の、
さだめの席に入りませりけり

月天子まことはいまだ出でまさず
そはみひかりの異りて
赤きといとど歪みませると

月天子み丈のなかば黒雲に
うづもれまして笑み給ひけり

なめげにも人々高くもの云ひつゝ
ことなく仰ぎまつりし故、
月天子また山に入ります

   兜の尾根のうしろより
   さも月天子
   ふたゝびのぞみ出でたまふなり

月天子こたびはそらをうちすぐる
氷雲のひらに座しまして
無生を観じたまふさまなり

月天子氷雲を深く入りませど
空華は青く降りしきりけり

月天子すでに氷雲を出でまして
雲あたふたとはせ去れば
いまは怨親平等の
ひかりを野にぞながしたまへり

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

兜のみねのうしろより
月天のぞきいでたまひけり

月天子ほのかにのぞきたまへども
野の雪いまだ暮れやらず
しばしは待ちておはすなれ

月天子山をいでたち給ひつゝ
黒雲のさだめの席に入りませりけり

月天子まことはいまだ出でまさぬなり
みひかりの異り赤きといと歪めると

月天子み丈のなかば黒雲に
うづもれまして笑み給ひけり

なめげにも人々仰ぎまつりし
月天子また山に入ります

月天子ちゞれし雲に入りませど
空華は青く降りしきりけり

月天子いまはた怨親平等の
ひかりをながしたまひけり