目次へ  縦書き

〔洪積の台のはてなる〕

洪積の台のはてなる
一ひらの赤き粘土地

桐の群白くひかれど
枝しげくたけ低ければ
鍛冶町の米屋五助は
今日も来て灰を与へぬ。

かなたにてきらめく川や
さてはまた遠山の雪
その枝にからすとまれば
ざんざんと実はうちゆるゝ

このときに教諭白藤
灰いろのイムパネス着て
いぶかしく五助をながめ
粘土地をよこぎりてくる

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

洪積の台のはづれ 赤きひのきにかこまれて
一ひらのさびしき粘土地

桐灰色にひかれども
枝ひろがりて幹はのびず

その枝にからすとまれば
ざんざんと実はゆれにけり

このときに教諭白藤
灰いろのイムパネス着て
いぶかしく五助をながめ
粘土地をよこぎりてくる