目次へ  縦書き

〔ながれたり〕

ながれたり
  夜はあやしく陥りて
  ゆらぎ出しは一むらの
  陰極線のしひあかり
  また蛍光の青らむと
  かなしく白き偏光の類
ましろに寒き川のさま
地平わづかに赤らむは
あかつきとこそ覚ゆなれ
    (そもこれはいづちの川のけしきぞも)
げにながれたり水のいろ
ながれたりげに水のいろ
このあかつきの水のさま
はてさへしらにながれたり
    (そもこれはいづちの川のけしきぞも)
明るくかろき水のさま
寒くあかるき水のさま
    (水いろなせる川の水
     水いろ川の川水を
     何かはしらねみづいろの
     かたちあるものながれ行く)
青ざめし人と屍 数もしら
水にもまれてくだり行く
水いろの水と屍 数もしら
    (流れたりげに流れたり)

また下りくる大筏
まなじり深く鼻高く
腕うちくみてみめぐらし
一人の男うち座する
見ずや筏は水いろの
屍よりぞ組み成さる

髪みだれたるわかものは
筏のはじにとりつけば
筏のあるじまみ赤く
頬にひらめくいかりして
わかものの手を解き去りぬ

げにながれたり水のいろ
ながれたりげに水のいろ
このあかつきの水のさま
はてさへしらにながれたり

共にあをざめ救はんと
流れの中に相寄れる
今は却りて争へば
その髪みだれ行けるあり
    (対岸の空うち爛れ
     赤きは何のけしきぞも)
流れたりげに流れたり
はてさへしらにながるれば
わが眼はつかれいまはさて
ものおしなべてうちかすみ
たゞほのじろの川水と
うすらあかるきそらのさま

おゝ頭ばかり頭ばかり
きりきりきりとはぎしりし
流れを切りてくるもあり

死人の肩を噛めるもの
さらに死人のせを噛めば
さめて怒れるものもあり

ながれたりげにながれたり
川水軽くかゞやきて
たゞ速やかにながれたり
    (そもこれはいづちの川のけしきぞも
     人と屍と群れながれたり)

あゝ流れたり流れたり
水いろなせる屍と
人とをのせて水いろの
水ははてなく流れたり

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

ながれたり
  夜はあやしくうちひろげ
  ゆらぎ出でしは一むらの
  陰極線の黄のあかり
  また蛍光の青らむと
  かなしく白き偏光の類
ましろに寒き川のさま
地平わづかに赤らむは
あかつきとこそ覚ゆなれ
げにながれたり水のいろ
ながれたりげに水のいろ
このあかつきの水のさま
はてさへしらにながれたり
    (そもこれはいづちの川のけしきぞも)
明るくかろき水のさま
寒くあかるき水のさま
    (水いろなせる川の水
     水いろ川の水いろの水
     川水川の水いろの水)
青ざめし人と屍 数もしら
ただひたすらに 流れたり
水いろの水と屍 数もしら

対岸の黒き一線
川水にゆれ波にゆれ
そらしろじろと張りわたす
    (流れたりげに流れたり

水いろの屍にまじり
いま下りくる大筏
まなじり深く鼻高き
一人の男たゞずめり
たゞおもむろにみめぐらし
腕うち組みて下りくる
おゝそのいかだ
水いろの屍よりぞ組み成されたり

髪うちみだれ青じろきもの
筏のはじにとりつけば
また力なく手をはなす
筏のあるじまみ赤く
頬にひらめくいかりあり
流れたらずや流れたり
かの青長き瘠のうで
前駆の足をとりにけり
もだえておぼれ見ゆれども
やがてはついにあらたなる
屍となりてながれたり

げにすみやかにすみやかに
人と屍は流れたり
互いにあをざめ救はんと
流れの中に相寄りて
今は却りて争へば
その髪みだれはや見えず
  ……対岸の空うち爛れ
    赤くなりしは何故ぞ……
流れたりげに流れたり
    わが眼はつかれ
    ものなべてぼうとかすめり
    赤き一点のしろびかり
    斯くあるべきにあらざれば
    なは写すべし 写すべし
おゝ頭ばかり頭ばかり
キリキリキリッとはぎしりし
流れを直ぐに切りてくる

死人の肩を噛めるもの
さらに死人のせを噛めば
死人はさめて
はぎしれり

ながれたりげにながれたり
川水軽くかゞやきて
たゞ速やかにながれたり

岸の岬のそがうちに
屍さわに漂へば
一人の男そを渡る
しばしば沈み落ちたれど
なほも身軽に渡りけり

いましかなたの岸にして
道化しみぶりやゝにして
たちまちすがた消えたるは
曠野の土に吸はれたるらし

流れたりげに流れたり
水いろなせる屍と
人とをのせて水いろの
水はつめたく流れたり



(先駆形短歌「青びとのながれ」)

680
あゝこはこれいづちの河のけしきぞや人と死びととむれながれたり

681
青じろき流れのなかを死人ながれ人々長きうでもて泳げり

682
青じろきながれのなかにひとびとはながきかひなをうごかすうごかす

683
うしろなるひとは青うでさしのべて前行くもののあしをつかめり

684
溺れ行く人のいかりは青黒き霧とながれて人を灼くなり

685
あるときは青きうでもてむしりあふ流れのなかの青き亡者ら

686
青人のひとりははやく死人のたゞよへるせなをはみつくしたり

687
肩せなか喰みつくされてしにびとはよみがへり来ていかりなげきし

688
青じろく流るゝ川のその岸にうちあげられし死人のむれ

689
あたまのみひとをはなれてはぎしりの白きながれをよぎり行くなり