目次へ  縦書き

〔われ聴衆に会釈して〕

われ聴衆に会釈して
歌ひ出でんとしたるとき
突如下手の幕かげに
まづおぼろなる銅鑼鳴りて
やがてジロフォンみだれうつ

わが立ち惑ふそのひまに
琴はいよよに烈しくて
そはかの支那の小娘と
われとが潔き愛恋を
あらぬかたちに歪めなし
描きあざけり罵りて
衆意を迎ふるさまなりき

このこともとしわが敵の
かの腹円きセロ弾きが
わざとはわれも知りしかど、

そを一すじのたわむれと
なすべき才もあらざれば
たゞ胸あつく頬つりて
呆けたるごとくわが立てば
もろびとどつと声あげて
いよよにわれをあざみけり

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

われ聴衆に会釈して
舞台を去らんとしたるとき
突如右手の───にて
誰か烈しくジロフォンうてり
そはかの小き(約3字空白)小娘と
われとが浅き交情を
描きあざけり……して
(約5字空白)せしかば──
われはもやゝにうろたへぬ
もとよりそれはわれが敵
かの腹円きセロ弾きが
なせしはわれも知りしかど



(先駆形口語詩「恋敵ジロフォンを撃つ」)

恋敵ジロフォンを撃つ

わたくしが聴衆に会釈して
舞台を去らうとしたときに
上手の方でほとんど豫想もしなかった
ジロフォンの音が鳴り出しました

それはわたくしとその娘との交情を
まったくみんなに暴露させ
またわたくしをいかにも烈しくいらだたすやう
ずゐぶんしばらく鳴りました

もちろんわたしは
それがまさしくわたくしの敵
ゴムのからだにはでなぶりきの制服を着た
バッスうたひのこっそり忍んだ仕事なことは
よく承知して居ましたのです