目次へ  縦書き

幻想

濁みし声下より叫ぶ
炉はいまし何度にありや
八百とえらいをすれば
声なくてたんを掻く音

声ありて更に叫べり
づくはいまし何度にありや
八百とえらひをすれば
またもちえと舌打つひゞき

灼熱のるつぼをつゝみ
むらさきの暗き火は燃え
そがなかに水うち汲める
母の像恍とうかべり

声ありて下より叫ぶ
針はいま何度にありや
八百といらひて云へば
たちまちに楷を来る音

八百は何のたはごと
汝はこゝに睡れるならん
見よ鉄はいま千二百
なれが眼は何を読めるや

あなあやし紫の火を
みつめたる眼はうつろにて
熱計の計も見わかず
奇しき汗せなにうるほふ

あゝなれは何を泣けるぞ
涙もて金はとくるや
千二百いざ下り行かん
それいまぞ鉄は熟しぬ

融鉄はうちとゞろきて
火花あげけむりあぐれば
紫の焔は消えて
室のうちにはかにくらし

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

幻想

灼熱のるつぼをつゝみ
むらさきの暗き火は燃え
熱計のその針を守り
少年はひとり座りぬ

濁みし声下より叫ぶ
鉄はいまし何度にありや
八百とえらいをすれば
ちえとばかり呟ふ声

声ありてふたゝび叫ぶ
鉄はいま何度にありや
八百とえらいをすれば
声なくて炭を掻く音

声ありて更に叫べり
鉄はいま何度にありや
八百とえらひをすれば
またもちえと舌打つひゞき

紫のほのほのなかに
かの町の寄宿舎のくれ
水汲みてやゝやすらへる
母の面恍とうかべり

声ありて下より叫ぶ
針はいま何度にありや
八百といらちて云へば
たちまちに楷を下る音

八百は何のたはごと
汝はこゝに睡れるならん
見よ鉄はいま千二百
なれが眼は何を読めるや

見つむれどげにもいぶかし
紫の火をみつめたる
みつめたる眼はうつろにて
熱計の計も見わかず
奇しき汗せなにうるほふ

あゝなれは何を泣けるや
かゝる火に鉄を燃すなる
おのこには涙はあらじ
千二百いざ下り行かん
それいまぞ鉄は熟しぬ

たちまちに人ははせ下り
熱鋼は滝の音して
火花あげけむりあぐれば
紫の焔は消えぬ