目次へ  縦書き

〔われらが書に順ひて〕

われらがふみに順ひて
その三稜の壇に立ち
クラリネットとオボーもて
七たび青くひらめける
四連音符をつゞけ
あたり雨降るけしきにて
ひたすら吹けるそのときに
いつかわれらの前に立ち
かなしき川をうち流し
渦まく風をあげありし
かの逞しき肩もてる
黒き上着はそも誰なりし

(下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

われらが云はれしごとく
その三稜の灰いろなせる壇に立ち
クラリネットとオボーもて
七たび青くひらめける
四連音符をつゞけて吹き
あたり雨降るけしきにて
ひたすら吹けるそのときに
いつかわれらの前に立ち
かなしき川をごうごう流し
また渦まき風をあげゐし
かの逞しき肩もてる
黒き上着はそも誰ぞ