目次へ  縦書き

雹雲砲手

なべて葡萄に花さきて
蜂のふるひのせわしきに
をちこち青き銅液の
噴霧にひるは来りけり
にはかに風のうち死して
あたりはいよよにまばゆきを
見ずやかしこの青きそら
友よいざ射て雹の雲

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

なべて葡萄に花さきて
蜂のふるひのせわしきに
見ずやかしこの青きそら
友よいざ射て雹の雲