目次へ  縦書き

講後

いたやと楢の林つきて、
かの鉛にも続くといへる、
広きみねみち見え初めたれば
われ師にさきだちて走りのぼり、
峯にきたりて悦び叫べり
江釣子森は黒くして脚下にあり、
北上の野をへだてて山はけむり、
そが上に雲の峯かゞやき立てり。
人人にまもられて師もやがて来りたまふに
みけしき蒼白にして
単衣のせなうるほひ給ひき
われなほよろこびやまず
石をもて東の谷になげうちしに
その石遥か下方にして
戞として樹をうち
また茂みを落つるの音せりき
師すでに立ちてあり、
あへぎて云ひたまひけるは、
老鶯をな驚かし給ひそとなり
講の主催者粛として立ち
われまた畏れて立ちつくせるに
人人(一字難読)かずつかれて多くはたゝずめりき
しかはあれかの雲の峯をば
しづかにのぞまんはよけんと
蕗の葉をとりて地に置けるに
講の主催者
その葉を師に参らせよといふ
すなはち更に三葉をとって
重ねて地にしき置けるに
師受用して座しましき

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

林つきていたゞき見え
われ師にさきだちて走りのぼり
峯にきたりて悦び叫べり
江釣子森は黒くして脚下にあり
北上の野をへだてて山はけむり
そが上に雲の峯かゞやき立てり
人人にまもられて師もやがて来りたまへり
みけしき蒼白にして
単衣のせな汗にうるほひ給ひき
われなほよろこびやまず
石をもて東の谷になげうつ
師すでに立ちてあり
あへぎて云ひたまひけるは
老鶯をな驚かし給ひそとなり
人人つかれてたゝずめる
われも蕗の葉をとりて地に置けるに
講の主催者
その葉を師に参らせよといふ
われすなはち更に三葉をとって
重ねて地にしき置けるに
師受用して座しましき