目次へ  縦書き

八戸

さやかなる夏の衣して
ひとびとは汽車を待てども
疾みはてしわれはさびしく
琥珀もて客を待つめり

この駅はきりぎしにして
玻璃の窓海景を盛り
幾条の遥けき青や
岬にはあがる白波

南なるかの野の町に
歌ひめとなるならはしの
かゞやける唇や頬
われとても昨日はありにき

かのひとになべてを捧げ
かゞやかに四年を経しに
わが胸はにわかに重く
病葉と髪は散りにき

モートルの爆音高く
窓過ぐる黒き船あり
ひらめきて鴎はとび交い
岩波はまたしもあがる

そのかみもうなゐなりし日
こゝにして琥珀うりしを
あゝいまはうなゐとなりて
かの人に行かんすべなし

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

海光

さやかなる白の服着て
またセルのよき単衣して
ひとびとは汽車を待てども
あゝさびしわれは疾みはて
いさゝかの貝をたづさえ
よき客を待ちわぶるなり

この駅はきりぎしにして
玻璃の窓海景を盛り
幾条の遥けき青や
岬にはあがる白波
しかもあれ疾を出でし
わが眼にはあまりまばゆし

この磯のならはしのまゝ
南なるかの野の町に
歌ひめとわれはなりにき
かゞやけるかの唇や
ばらいろの円かなる頬
われとてもひとひはありき

かのひとになべてを捧げ
かのひとと果てんと誓ひ
かゞやかに四年を経しに
わが胸はにはかに重く
わが髪は病葉と散り
うらぶれて帰り来りぬ

そのかみもうなひなりし日
ときいろのきれをかづぎて
この駅に貝を売りしに
ひとびとの愛でて購ひ

モートルの爆音高く
窓過ぎる黒き船あり
ひらめきて鴎はとび交い
岩波はまた上がれども
いさゝかの貝をたづさへ
たゞづめるわれにはさびし