目次へ  縦書き

〔島わにあらき潮騒を〕

島わにあらき潮騒を
うつつの森のなかに聴き
羊歯の葉しげき下蔭に
青き椿の実をとりぬ
 
  南の風のくるほしく
  波のいぶきを吹きくれば
  百千鳥 すだきわぶる

三原の山に燃ゆる火の
なかばは雲ち鎖されぬ