目次へ  縦書き

敗れし少年の歌へる

ひかりわななくあけぞらに
清廉サフィアのさまなして
きみにたぐへるかの惑星ほし
いま融け行くぞかなしけれ
 
雪をかぶれるびやくしんや
百の海岬いま明けて
あをうなばらは万葉の
古きしらべにひかれるを
 
夜はあやしき積雲の
なかより生まれてかの星ぞ
さながらきみのことばもて
われをこととひ燃えけるを
 
よきロダイトのさまなして
ひかりわななくかのそらに
溶け行くとしてひるがへる
きみが星こそかなしけれ