目次へ  縦書き

隼人

あかりつぎつぎ飛び行けば
赭ら顔黒装束のその若者
こゝろもそらに席に帰れり
 
街覆ふ膠朧光や
夜の穹窿を見入りつゝ
若者なみだうちながしたり
 
大森をすぎてその若者ひそやかに
写真をいだし見まもりにけり
 
   げに一夜
   写真をながめ泪ながし
   駅々の灯を迎へ送りぬ
 
山山に白雲かゝり夜はあけて
若者やゝに面をあげ
田原の坂の地形を説けり
 
   赭ら顔黒装束のその隼人
   歯磨などをかけそむる