目次へ  縦書き

小祠

赤き鳥居はあせたれど
杉のうれ行く冬の雲
野は殿堂の続きかな
 
よくすかれたる日本紙は
一年風に完けきを
雪の反射に知りぬべし
 
かしこは一の篩にて
ひとまづそこに香を浄み
入り来るなりと云ひ伝ふ
 
雪の堆のなかにして
りゝと軋れる井戸車
野は楽の音に充つるかな