目次へ  縦書き

〔鉛のいろの冬海の〕

鉛のいろの冬海の
荒き渚のあけがたを
家長は白きもんぱして
こらをはげまし急ぎくる
 
ひとりのうなゐ黄の巾を
うちかつげるが足いたみ
やゝにおくるゝそのさまを
をとめは立ちて迎えんへゐる
 
    南はるかに亙りつゝ
    氷霧にけぶる丘丘は
    こぞはひでりのうちつゞき
    たえて稔りのなかりしを
 
日はなほ東海ばらや
黒棚雲の下にして
褐砂に凍てし船の列
いまだに夜をゆめむらし
 
鉛のいろの冬海の
なぎさに子らをはげまして
いそげる父の何やらん
面にはてなきうれひあり
 
あゝかのうれひけふにして
晴れなんものにありもせば
ことなきつねのまどゐして
こよひぞたのしからましを