目次へ  縦書き

〔このみちの醸すがごとく〕

このみちの醸すがごとく
栗葉などひかりいでしは
ひがしなる山彙の上に
黄なる月いざよへるなり
 
夏の草山とになひて
やうやくに人ら帰るを
なにをかもわがかなしまん
すゝきの葉露をおとせり