目次へ  縦書き

釜石よりの帰り

かぎりなく鳥はすだけど
こゝろこそいとそゞろなれ
竹行李小きをになひ
雲しろき飯場を出でぬ
 
みちのべにしやが花さけば
かうもりの柄こそわびしき
 
かすかなる霧雨ふりて
丘はたゞいちめんの青
谷あひの細き棚田に
積まれつゝ厩肥もぬれたり