目次へ  縦書き

僧園

星のけむりの下にして
石組黒くひそめるを
さもあしざまに鳴き棄てつ
くわくこう一羽北に過ぎたり
 
夜のもみぢの木もそびえ
御堂の屋根も沈めるを
さらに一羽の鳥ありて
寒天質アガーチナスの闇に溶けたり