目次へ  縦書き

文語詩100/96

風底

雪けむり閃めき過ぎて、  ひとしばし汗をぬぐへば、

布づつみになふ時計の、  リリリリとひゞきふるへる。



※定稿以外に下書稿なし。「ふるへる」は当初「ふるえる」と記載 後訂正。それ以外に推敲なし。