目次へ  縦書き

文語詩100/70

国土

青き草山雑木山、     はた松森と岩の鐘、
ありともわかぬ襞ごとに、 白雲よどみかゞやきぬ。

一石一字おろがみて、   そのかみひそにうづめけん、
寿量の品は神さびて、   みねにそのをに鎮まりぬ。



(下書稿推敲後)

国土

青き草山 雑木山
はた松森と 岩の鐘
ありとも見えぬひだごとに
白雲よどみかゞやきぬ

一石一字 おろがみて
そのかみひそにうづめけん
寿量の品は神さびて
みねにそのをに鎮まりぬ



(下書稿推敲前)

国土

青き草山 雑木山
また松森と 岩の鐘
ありとも見えぬ皺ごとに
白雲沈み かゞやきぬ

一石一字 おろがみて
ひそに人のうづめける
寿量の品はかゞやきて
みねにそのをに鎮まりぬ