目次へ  縦書き

文語詩100/27

退耕

ものなべてうち訝しみ、  こゑ粗き朋らとありて、

黄の上着ちぎるゝまゝに、 栗の花降りそめにけり。


演奏会リサイタルせんとのしらせ、  いでなんにはや身ふさはず、

ゐのこはも金毛となりて、   はてしらず西日に駈ける。



(下書稿)

退耕

ものなべてうち訝しみ
こゑ粗きひとらとありて
黄の上着ちぎるゝまゝに
栗の花 降りそめにけり

演奏会リサイタルせんとのしらせ
いでなんに はや身ふさはず
ゐのこはも金毛となりて
はてしらず 西日にかくる