宮沢賢治詩集(文語詩稿五十編)

〔いたつきてゆめみなやみし〕
〔水と濃きなだれの風や〕
〔雪うづまきて日は温き〕
〔温く妊みて黒雲の〕
〔暁〕
上流
〔打身の床をいできたり〕
〔氷雨虹すれば〕
砲兵観測隊
10 〔盆地に白く霧よどみ〕
11 〔たそがれ思量惑くして〕
12 悍馬〔一〕
13 〔そのとき酒代つくると〕
14 〔月の鉛の雲さびに〕
15 〔こらはみな手を引き交へて〕
16 〔翔けりゆく冬のフェノール〕
17 退職技手
18 〔月のほのほをかたむけて〕
19 〔萌黄いろなるその頚を〕
20 〔氷柱かゞやく窓のべに〕
21 来賓
22 五輪峠
23 流氷(ザエ)
24 〔夜をま青き藺むしろに〕
25 〔あかつき眠るみどりごを〕
26 〔きみにならびて野にたてば〕
27 初七日
28 〔林の中の柴小屋に〕
29 〔水霜繁く霧たちて〕
30 〔あな雪か 屠者のひとりは〕
31 著者
32 〔ほのあかり秋のあぎとは〕
33 〔毘沙門の堂は古びて〕
34 雪の宿
35 〔川しろじろとまじはりて〕
36 風桜
37 萎花
38 〔秘事念仏の大師匠〕
39 麻打
40 驟雨
41 〔血のいろにゆがめる月は〕
42 車中〔一〕
43 村道
44 〔さき立つ名誉村長は〕
45 〔僧の妻面膨れたる〕
46 〔玉蜀黍を播きやめ環にならべ〕
47 〔うからもて台地の雪に〕
48 〔残丘(モナドノック)の雪の上に〕
49 民間薬
50 〔吹雪かゞやくなかにして〕