目次へ  縦書き

文語詩50/20

〔氷柱かゞやく窓のべに〕

氷柱かゞやく窓のべに、 「獺」とよばるゝ主幹ゐて、

横めきびしくドアを見る。


赤き九谷に茶をのみて、 片頬ほゝゑむ獺主幹、

つらゝ雫をひらめかす。



(下書稿なし)